多汗症の改善方法って、どうするの?

プリント

皮膚科での多汗症の治療

多汗症で悩んでいる人は少なくありません。

体のある部分からたくさん汗をかく症状ですが、
原因によっては治療方法があります。

近くの人が気づくくらいにたくさん汗をかいたり、
衣服にあせのシミができてしまうという方もいるといいます。

臭いがする汗が分泌されるわけではないですが、
こまめに対処しないと細菌の増殖を招き悪臭を発することもあります。

汗腺から皮脂が出て、その皮脂が時間の経過によって酸化したために、
臭いがきつくなることも考えられます。

 

ボトックスを注射することで、多汗症の治療を行うことが可能です。

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から作られたもので、
筋肉の収縮を起こさせて発汗をおさえる治療法になります。

多汗症の治療にボトックス注射を使うデメリットは、
保険が適用されないことです。

一度ボトックスの注射をすると、3カ月程度で元に戻ってしまいますので、
繰り返し注射をする必要があります。

発汗量が多いと、どうしても体から発散される臭いが強くなりますので、
体をきれいにするために、お風呂で体を洗いましょう。

 

汗取りパッドを脇の下に挟んだり、
風通しのいい服を着るなどの工夫をすることで、
汗のにおいを緩和することができるのです。

多汗症の人の中には、足の裏の汗の量か多く、
靴の中がくさくなってしまう人もいます。

吸湿性のいい靴下を履くようにして、
デスクワークの時は靴を脱いでサンダルに履き替えるようにすれば、
臭いの対策になります。

臭いの対策をすることは重要ですが、
一番のポイントは気にしすぎに注意することです。

 

多汗症の症状で悩み過ぎると、
人前に出るだけで焦りや不安から汗をかくようにもなりますし、
場合によっては心療内科での治療を受けなければならなくなってしまいます。

 

脇の多汗症の治療について

多汗症が原因で発汗量が多く、
何かというと汗をたくさんかくことが悩みの種だという人は多いようです。

 

例えば、脇の下にたくさん汗をかくという体質の人には、
どんな治療法が存在するでしょう。

脇の下の多汗症治療に関しては、外用薬を用いるという方法があります。

塩化ナトリウムを含む塗り薬で、汗をとめたいところに塗るというものです。
薬の効果時間も長く、毎日繰り返しつけてることによって、
多汗症の治療が可能になるというものです。

 

数日から数週間は反復して使うことでしっかりとした効果を実感することができます。

また、薬剤を注射することでの多汗症の治療も
可能になっていますボツリヌス菌からつくるボトックスという薬剤を、
多汗症の症状が気になる脇の下に注射することで、
発汗の筋肉をブロックするというものです。

注射をするだけでいいので、ものの10分とかかりません。

この方法では、数ヶ月しか効果が得られませんので、
年2回、あるいは夏のみという治療をする人もいます。

治療費については、多汗症の症状の程度によっては保険が適用されますので、
負担額が軽減されます。

この方法は世界中で広く行われています。
多汗症の治療に使う薬には、
ボツリヌス菌の成分そのものは含まれていませんので、安心して利用できます。

 

多汗症の治療方法の種類について

多汗症で困っている人は少なくありませんが、
多汗症の治療関しては、色々なアプローチが知られています。

原発性多汗症は、特段、多汗症の背景要因がない多汗症です。

場合によっては、身体的な疾患が原因で、
多汗症の症状が出ているという方もいます。

幾つかの多汗症治療がありますが、
個々人の体質、実際の症状によって異なります。

 

塗り薬を塗ることで、症状を緩和するというものもあります。

多汗症を塗り薬で治療する場合は、
毎日少しずつ塗り薬を塗りつづけるというやり方となります。

外用薬を用いた多汗症の治療では、効果が短時間で消えるため、
繰り返しの塗布がポイントです。

広く取り入れられているが、ボツリヌス注射による治療方法です。

ボツリヌス菌がつくる天然のたんぱく質を有効成分とする薬を注射します。
症状によって判断は異なりますが、
保険を使ってボトックスの注射は可能ですので、負担額は多くはありません。

 

6カ月程度でボトックス注射の効果は切れてしまいますので、
半年に1度は同じ注射を打ってもらう必要が出てきます。

内服用の薬を使って、多汗症の治療も行われています。

飲み薬で多汗症の治療をすることは決してファーストチョイスにはなりませんが、
注射での治療が難しい場合や、注射の治療効果が乏しい時には、
飲み薬が出ることがあります。

場合によっては、外科手術を用いて、多汗症の治療をします。

塗り薬や注射、内服薬などの治療をしても効果が無い場合には、
神経を切断する等の手術が行われます。

近年行われている多汗症の治療には、
マイクロウェーブや、レーザーを活用するというものがあるようです。

 

顔の汗について  追伸・・・

顔の汗って、気に成ませんか?
化粧崩れの原因にもなりますし、
鼻のまわりなどTゾーンのテカリの原因にもなります。

でも、朝に顔に塗るだけで
汗をおさえてくれるクリームがあれば嬉しく無いですか・・・?

しかも、化粧の上からでも塗れるような・・・
詳しくは下のページに書いています。見てください。

顔の汗・テカリを抑える顔用制汗ジェルクリーム【サラフェ】って

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ