クレンジングと洗顔で乾燥肌対策

肌トラブル

 

クレンジングで乾燥肌対策

 

乾燥肌に悩まされているという時に最適な対策とは、どのようなものでしょう。

乾燥肌にならないようなスキンケアをするためには、
日々の洗顔ケアを正しい方法で行うことが大事です。

特にクレンジングは油分を洗い流すことで汚れを落とすので、
肌に必要な水分も一緒に除去してしまうことがあります。

肌は、乾燥や外界からの刺激でダメージを受けないように、
油分の膜でカバーされていますが、クレンジングが強すぎるこれを失ってしまいます。

正しいクレンジングをすることが、乾燥肌の対策にとっては、
非常に重要なことが理解できるのではないでしょうか。

本当であれば、お化粧をしないか、洗顔料で落とせるメイクにして、
クレンジング剤は使わないほうが良いのですが、
そうはいかないのが現実です。

乾燥肌対策をするには、毎日のメイクはするけれども、
肌にかかる負担を小さく済ませられるようにすることです。

メイク落としや、皮膚にはりついた汚れを取り除く時に、
皮膚をつよく摩擦しないことが、クレンジング時には心がけたいことです。

必要に応じてクレンジング剤を使い分けるなどの工夫をして、
つよくこすらずに洗いあげるようにします。

皮膚の薄い部分に対して、
マスカラを洗い落とせるくらい強い洗浄効果があるクレンジング剤を使っていると、
必要な油分があっという間になくなります。

乾燥肌がひどい場合には、
できるだけクレンジング剤を使わないという対策もあります。

よほど落ちにくいものでなければ石鹸だけで十分にメイクは落ちます。

乾燥肌対策の根本は、こすりすぎと洗いすぎに気を付けることなのです。

 

洗顔で乾燥肌対策

 

乾燥肌で困っている人のうちの何割かは、
正しくないスキンケアで角質層にダメージを与えているようです。

クレンジングも乾燥肌には大事ですが、
きちんとした洗顔をすることも同じく重要です。

乾燥肌の対策としては、
普段の洗顔のやり方を改善するというものがあるようです。

クレンジングほど極端ではありませんが、
洗顔を行うことで、肌の保湿力は下がってしまいます。

お肌の保湿に必要な油分が、洗顔によって分解除去されると、
油分不足になった肌からは、水分が逃げてしまいます。

クレンジングや洗顔によって失われた細胞間皮質、
天然保湿因子、皮脂は、約24時間かけて修復され、
寝ている間に最も修復が進みます。

石鹸を使って朝にしっかりと洗顔してしまうと、
せっかく回復してきた細胞間皮質などがまた洗い流されてしまいます。

肌のバリア機能が低下した状態が続くことになるため、
乾燥肌の原因になります。

朝の洗顔には洗顔料は用いず、
水やぬるま湯でホコリを取り除く程度にしておくと乾燥肌対策になります。

脂性肌の人の場合は、夜のうちに分泌されて酸化してしまったような汚れを、
洗顔料を使った朝の洗顔で取り除くことが大事ですが、

そうでなければ夜だけの洗顔も一つの方法です。

肌質によって乾燥肌対策のやり方は変わりますが、
肌がそこまで乾燥していなければ朝の洗顔も可能です。

朝は洗浄力の弱い石鹸で、
Tゾーンなど皮脂が気になる部分だけを軽く洗顔する方法です。

洗顔の場合もクレンジングと同様に、
こすらないということも大事な乾燥肌対策のひとつです。

乾燥肌対策のためにも、決して肌をこすらず、
洗いすぎないように注意しましょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ