紫外線の防止対策について

1d3d1d3f71267bdcf9304daf3cdf2d75

紫外線の防止とその種類について

 

紫外線が何かがわかれば、紫外線を防ぐ効果的な方法が理解できるようになります。

紫外線の種類や特徴について理解しておけば、
より効果的な防止策を講じることができるようになります。

紫外線にはA波とB波がありますが、
そのうちB波は強いエネルギーを持っているので、
肌の表面に炎症を引き起こします。

そしてB波は波長が短いので、私たちの肌に直接降りてくる量は、
紫外線の総量の10%にも満たないと言われています。

肌に浴びる紫外線の量が多くないとはいっても、
太陽光の下で活動をする時には、紫外線が大事になります。

紫外線A波は、紫外線B波のように体に悪影響を及ぼす心配はありませんが、
日焼けの要因となり、肌の乾燥を進める要因になりますので気をつけましょう。

波長の長さという点から見ると、紫外線A波は、
紫外線B波よりも波長が長いために、
皮膚の深層まで行き届いて、光の作用を与えるといいます。

ですから、紫外線の防止対策をするならば、
この紫外線A波とB波の両方の特徴を考えながら対策をすることで、
より効果を上げることができます。

地上に届く紫外線A波は、紫外線B波の20倍ですが、
これはオゾン層をA波が抜けてくるためです。

紫外線のA波は、窓ガラスなども通り越すので、
家の中にいても紫外線を防止するための対策をしなくてはいけません。

紫外線B波は、日傘を差したり、
日よけ帽子をかぶることで、防止が可能です。

紫外線B波は皮膚に届く量が少なく、
ガラス程度で遮ることができるためです。

どのようなやり方で紫外線を防止することが最も自分にいいかは、
紫外線防止方法を調べて、いい方法を見つける必要があるでしょう。

 

紫外線を防止するための対策

 

日焼け止めクリームの使用は、
紫外線の肌に降りかかる影響を防止するために、
よく使われているものです。

紫外線対策として効果のある方法には、
帽子や日傘を利用したり、サングラスをすることなどが一般的な方法です。

ドラッグストアのコスメコーナーや、化粧品販売店では、
紫外線が強いシーズンになると、様々な日焼けどめを販売するようになります。

販売されている紫外線対策用のクリームには、いろいろな度数があり、
その日の天気や何をするかなどによって使い分けが必要です。

日焼けどめクリームを選ぶ時には、
SPFと、PAがどうなっているかが、大事なポイントになります。

日焼けどめクリームのSPFの値が高ければ高いほど、
紫外線のB波をカットする効果が高いクリームと判断することができると言われています。

紫外線防止クリームを繰り返しつけていると、
クリームの刺激に肌が負けてしまい、赤く腫れてしまう可能性はあります。

外出する時間や場所に応じて、SPFの数値の異なる商品を使い分けることも、
肌の健康を維持するには大切なことです。

もしも、日焼け止めクリームを買うことになったら、
PAの指数も念のため確かめておきましょう。

PAというのは肌を黒くして、しみやしわなどの原因となる紫外線のA波を、
防止するための効果の程度を表しています。

海水浴や登山など、長時間日光にさらされる予定がある人はPAの高いものを、
通常と同じ日々を送っているならば、PAが低いものにしましょう。

クリームが汗で溶けてしまう可能性がありますので、
紫外線予防のためにはこまめに塗り直すことです。

 

 

暑い季節の紫外線対策について

お肌の状態を気にする人から見れば、
夏の紫外線の対策は必要不可欠なことです。

肌のシミを防ぐには、まずは紫外線の対策をすることが大切になります。

紫外線から身を守るためには、太陽の光を長時間浴びないことです。

紫外線自体は目に見えませんが、陽光に含まれています。

例えば、黒などの濃い色は紫外線を遮る効果が高いので、
効果的な対策になります。

この他、紫外線を通さない素材としては、
ビニロン、ポリエステル、羊毛などがありますので、
参考にするといいでしょう。

紫外線対策として羊毛製の服を着る場合、
編み目が細かいもののほうが、大ざっぱな編み目のものよりも紫外線を通しません。

紫外線の対策に有効なものは色々なものがありますので、
季節によって適切な紫外線対策用品を使い分けるということが必要です。

暑い季節の服装として、色の濃いものや化繊素材が使われている服装が、
適しているかどうかというと問題が有ります。

じめじめして、不快指数が高い夏を過ごす時には、
通風性のいい、熱のこもらない服も大事です。

黒色などの濃い色は見た目からして重い感じがするので暑苦しいですし、
目が細かいポリエステルや羊毛というのは、
夏よりも冬場に使われるのが一般的です。

作業着の素材として利用されているビニロンは、耐久性が高く、
吸水性のいい布地なので、普段使いの服に使われる素材かというと、
合わないことが多く、夏の紫外線対策には向きません。

紫外線から肌を守るために効果があるという服を選びながら、
かつ、おしゃれの要素や、実用度の高さも追及することが必要になってくるでしょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ