光フェイシャルとは?

wafnono

 

美容のためのフェイシャルエステ

最近美容のためにフェイシャルエステに通う人が増えています。

実際にエステで行われるフェイシャルエステにはどのような種類があるのでしょうか。

大抵のエステでは、フェイシャルエステとして、
クレンジング、洗顔、ハンドマッサージ、パックケアになります。

このようなシンプルな美容フェイシャルの場合には、
1時間弱ぐらいで終わります。

この流れにそれぞれのサロンで付加価値をつけているようです。

血流を整えたり、顔のむくみを解消したり、
リンパの流れをよくするハンドマッサージをすることで、
顔に残っていた不要な成分を排出できます。

ハンドマッサージは、人の手を使うことから、
リラクゼーションにもぴったりです。

ハンドマッサージの中にもさまざまな種類があるので、
自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

サロンオリジナルの美容機器を使った光フェイシャルもあります。

さまざまな波長の光を肌にあて、しわやしみ、
たるみ、くすみなどを改善します。

1秒間に100万回もの微振動を肌にもたらす超音波を使って、
お肌の美容効果を促進するというフェイシャルケアのコースもあります。

短時間で新陳代謝を活発にすることができ、
アンチエイジングやニキビなどのトラブルをかかえた肌の改善に効果があります。

フェイシャルには、バキュームという美容機器を使う方法もあります。

自宅での洗顔では行き届かない毛穴汚れも落とすことができます。

隅々まで顔の汚れを取り除くことができることから、
フェイシャルケアで重宝されています。

このように美容のためのフェイシャルエステには、
さまざまなメニューがありますのでいろいろと検討してみると良いでしょう。

 

光フェイシャルで美容効果

美容のためにエステで光フェイシャルの施術を受ける人が増えています。

光フェイシャルとはいったいどのようなものなのでしょうか。

多様な波長の光を皮膚に照射することで、
肌の美容効果を高めている光フェイシャルは、
エステで受けることができます。

光が浸透することによってたるみ、くすみ、しみ、
にきびなどのさまざまな肌トラブルに美容効果を発揮します。

エステで光フェイシャルを受ける時には、
最初に専用の機器で肌のコンディションを確認します。

クレンジングをしてから、冷却用のジェルをつけます。

光を皮膚にあてる時には、
目の中に光が届かないようにアイカバーをつけて行っていきます。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が入ったパックでお肌に潤いを持たせ、
火照ったお肌をクールダウンさせて終わりです。

光フェイシャルを終わったあとは通常通りメイクをすることも可能です。

皮膚が過敏な状態になっているため、
光フェイシャルが終わってしばらくは、
皮膚を紫外線に直接さらさないようにします。

光フェイシャルを受けることで、
コラーゲンなどのお肌のハリや弾力を保つために、
必要な細胞を活性化させる働きがあります。

肌の内部から、うるおいとしっとり感を向上できることが、
光フェイシャルの魅力です。

抗老化作用があり、肌の問題を防ぐこともできるようになります。

光フェイシャルは美容にとってさまざまな効果があるので、
気になる人はエステで相談してみてはいかがでしょうか。

 

美容のためのフェイシャルリンパドレナージュ

話題の美容法にフェイシャルリンパドレナージュというものがあります。

滞っていた顔から首へのリンパの流れを、
ハンドトリートメントでよくします。

疲れた顔や老け顔の原因になる老廃物を押し流すことで、
むくみがすっきりしたり、しみやたるみを効果的に予防します。

リンパ腺は皮膚の浅いところにあるので、
力を込めてもみほぐさずとも効果を与えることが可能です。

マッサージオイルやクリームを活用して、
皮膚に直接負荷がかからないようにします。

自宅でも簡単に行うことのできる美容法であるフェイシャルリンパドレナージュは、
毎日の習慣にしたいもののひとつです。

リンパは血液から摂り入れた酸素や栄養分を細胞に与え、
細胞から出た二酸化炭素や老廃物を運んで排出させる役割を持っています。

むくみや肌荒れの原因となる、不要になった老廃物は、
リンパが滞ると排出されにくくなります。

フェイシャルリンパドレナージュで流れを良くすることで、
むくみの改善やしみ、くすみ、たるみ、
ニキビ予防と改善につながります。

人の手で、じかに優しくマッサージを行いますので、
フェイシャルケアの中でもリラクゼーション効果の高い方法です。

本や、ネットで、家庭でできるフェイシャルリンパドレナージュの案内がありますので、
まずは実践してみてください。

美容のためにはフェイシャルリンパドレナージュを毎日続けるのがおすすめです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ