にきび予防と治療について

Acne-2

 

にきびを予防する方法について

 

にきびというのは、特に乾燥する季節に悪化するといわれています。

にきびの予防を始めるならば、
季節が秋にさしかかったころがおすすめです。

ではなぜ、にきびは冬に悪化するのでしょうか。

冬になると寒さも増しますし空気も乾燥しています。

空気が乾くと、毛穴も乾燥しやすくなり、
皮膚表面の角質層の代謝が遅くなって、
皮膚が硬くなってしまちがちだといいます。

にきびができるのは、毛穴が何らかの理由で塞がったときです。

にきびを予防するためには、まずは皮膚が乾燥してしまわないように、
しっかりケアする事が一番大切です。

特に冬は、外気が乾燥していますし、
家の中やオフィスなどは暖房によって部屋の湿度が低くなり、
皮膚も乾燥しやすい状態になっています。

水分不足の皮膚は代謝が低下か、
外界からの刺激やストレスに対して弱くなるため、
にきびなどお肌の問題が起きやすくなります。

特に冬はにきび予防というだけではなく、
お肌のケアを十分にする必要があるのです。

にきびは冬に限定された話ではありません。

冬以外の季節でも、にきびができること珍しい話ではありません。

気温や湿度は季節によって変化しますので、
にきび予防も外気の変化に合わせて行う必要があります。

季節によって予防方法を変える必要があります。

 

にきびの予防は季節によって異なる

 

冬は乾燥する為に肌をケアする為には保湿する必要がありますが、
暑い季節はどのような方法でにきびを予防すれば良いのでしょうか。

夏になると、にきびができやすくなる背景には乾燥ではなく皮脂になり、
必要な対策もおのずと変わってきます。

だんだん暑くなってきて、
気温が高くなると誰でも汗をかきやすくなります。

汗をかきやすくなる季節には、
毛穴からは汗と一緒に皮脂も分泌されるようになります。

毛穴から分泌された皮脂が残ったままでいると、
毛穴の目詰まりが起きやすくなっていますます。

毛穴で、アクネ菌が増殖すると、にきぴができるようになるわけです。

正しい洗顔を行うことで、毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除き、
アクネ菌の増殖を未然に防ぎましょう。

春夏のにきび予防には、きれいにクレンジングする事も大変重要になります。

日差しの強い季節は、
日焼けを気にして1日に何度も日焼け止めを塗ることが多く、
毛穴にも汚れがつまりやすくなっています。

何度も日焼け止めクリームを塗った部分は、
クレンジングでは汚れが取りづらく、
毛穴にメイク汚れ等を残してしまうことがあります。

クレンジングもしっかり行って、日焼け止めやメイクのほかにも、
老廃物が毛穴に残らないようにすることが、
にきび予防には必要です。

夏のにきび予防には、バランスのいい食習慣も重要だと言われています。

食事から、油分の多いものを摂り過ぎると、
毛穴から分泌される皮脂の量が増し、
にきびができやすい肌環境になってしまうためです。

気温が高くなる時期は特に、にきび予防のためには、
野菜やフルーツなどをたくさん取る必要があるのです。

 

にきびを予防するには乾燥に注意する

 

にきびを予防する方法は皮膚を清潔にすることが大切ですが、
乾燥する時期は保湿が重要になります。

お肌を乾燥から守るには、
水分を蒸発させないために一定の油分が必要になりますが、
洗顔時の湯が熱いと油分まで出ていってしまいます。

にきびがある時に洗顔するには乾燥しないように、
ぬるま湯かできれば水で洗うようにしましょう。

洗顔後は、すぐに保湿効果のあるローションや化粧水などを使って、
肌に水分を与えるようにしましょう。

お肌に十分に水分を与えたら、オイル成分を含むクリームをつけて、
肌が乾燥しないようしておけば万全です。

にきび予防に大切なのが睡眠です。

睡眠がにきび予防に関係あるのかと疑問に思う人もいると思いますが、
睡眠とにきびには深い関係があるのです。

睡眠時間が少なくて寝不足になると、体の抵抗力が低下して、
にきびになりやすい肌状態になってしまいます。

お肌の不調は、睡眠時間が不足している時ほど、
起きやすくなると言われています。

睡眠不足になると体の抵抗力が低下するだけでなく、
肌のターンオーバーにも悪影響を及ぼすようになるので注意しましょう。

基本的に、人間の肌は28日サイクルで、
新しい皮膚との交代を果たしています。

ですが、睡眠が足りないままでいると、
古い皮膚と新しい皮膚が交代とるサイクルがかわって、
古い皮膚が28日を越えても残り続けるというような状態になります。

気温が下がり乾燥しやすい季節には、
保湿に気をつけて睡眠をしっかり取ることが、にきび予防には必要になります。

 

にきび痕の治療方法

にきび痕の治療方法は、にきびの状態によって違ってきます。

美白ローションは、にきび痕が黒っぽくなってしまったけれど、
特にザラザラも、でこぼこもしていないという皮膚に適しています。

美白効果のあるシミ用のローションを使用すれば、
色素沈着は随分と改善されます。

にきび痕専用のローションもありますので、
にきび痕が残ってしまったと感じる人は利用してみてください。

ケミカルピーリグや、イオン導入で、古い皮膚細胞を取り除いたり、
細胞の働きを助けることで、にきび痕の治療をすることもできます。

1回で効果がなかったとしても、
何回が続けて行えば、にきび痕だけではなく、
顔の皮膚全体がきれいになってきます。

にきび痕でも、クレーター状になっている場合もよくあるケースです。

にきびのころに、皮膚にいたコラーゲンの繊維が互いにつながってしまった結果、
にきび痕がクレーターのようになるわけです。

クレーター状になった皮膚を改善するには、
レーザー照射、フォトフェイシャルなどの治療方法が効果的です。

にきび痕が悪化して、ケロイドのようになっている時には、
副腎皮質ホルモン剤であるステロイド軟膏を利用することがあります。

にきび痕だけでなく、やけどの治療にもステロイド剤は重宝します。

損ねてしまった皮膚組織に対しては、
よく使われている薬剤だといいます。

にきび痕も程度によっては、
自分ではどうしても治す事ができない場合も多いので、
その時は迷わず皮膚科に行って相談する事をお勧めします。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ