にきびの予防やにきび痕の治療について

U7929P434T20D56417F1037DT20130105140519

にきび痕を予防する方法について

にきび痕とは、にきびがこじれきってできるものといってもいいですから、
にきびを早めにケアすることがにきび痕対策の柱です。

まずは、にきび自体を予防することがにきび痕の予防につながります。

10代のうちは、ホルモンの働きによってにきびが発生しやすい
お肌になっていますので、その時点から対処しましょう。

毎日の正しい洗顔で肌を清潔な状態に保ちましょう。

ただし、一日に何回も洗顔をしていると皮膚に
必要な油脂まで洗い流してしまい、にきびができやすくなります。

肌タイプに合わせて洗顔料を選択し、適切な洗い方をしましょう。

お肌の状態を整えるためには、質のいい睡眠を確保することや、
ストレスを発散すること、食生活を改善することも重要になります。

肌を紫外線から守ることも重要です。お肌ににきびができたら、
触ったりつついたりせず、きれいな状態にしておくようにします。

にきびを潰してしまうとにきび痕ができやすくなりますので特に注意しましょう。

エッセンシャルオイルでにきびを対処するという方法もあります。

ティートリーのような殺菌作用のある
エッセンシャルオイルをにきびにつけるというやり方や、
エッセンシャルオイル入りのスチームバスで毛穴の開きを促し、
皮脂汚れによる毛穴の目詰まりを解消するという方法です。

 

にきび痕の治療方法

どんなにきびができたかによって、
にきび痕の最適な対処方法は異なってくるといいます。

同じにきびでも痕の状態には様々なものがあり、
その違いについても理解しておくことをおすすめします。

美白ローションを使ったにきび痕ケアが効果があるのは、
皮膚のへこみはないけれど、色素が沈着しているというにきび痕に適しています。

ローションをつけるだけの処置でも、
肌表面にできた色素沈着は徐々にうすくなっていきます。

イオン導入や、ケミカルピーリングでお肌をケアすることも、
にきび痕に対しては効果があるようです。

ケミカルピーリングや、イオン導入は肌の再生を促進する作用がありますので、
にきび痕がだんだん小さくなります。

一度の施術で目立った効果が得られなかったという場合でも、
繰り返し行うことによって、にきび痕を含めた肌の症状改善に効果が得られます。

クレーター状になったにきび痕の場合は、
皮膚組織が壊れてしまっているので、
ローションを塗る程度の方法では、改善は見込めません。

にきびができた時に、
コラーゲンの繊維がその状態でもつれて固くなっているので、
ちょっとしたスキンケアでは元に戻りません。

クレーター状になってしまった肌を改善することで、
元のきれいな状態に戻すことができます。

お肌の表面をなめらかにする方法としては、
フォトフェイシャルやレーザー照射などがあります。

自力では何ともできないようなにきび痕もありますので、
そういう場合は皮膚科の診察をうけて、適切な治療をしてもらうといいでしょう。

 

にきびが出来た時の化粧品使用について

にきび対策の化粧品には色々なものがありますが、
どんな選び方をすれば、効果の高いにきび用化粧品が見つかるでしょうか。

にきびが出来てしまった時には化粧品の使用に気を使いますが、
購入する際には年代によって選び方が異なってきます。

まず、どんなにきびができているかを観察しましょう。

その内容によって、にきび用化粧品を選ぶ時の指針になります。

10代や20代の若い頃は、皮脂の分泌がとにかく多いので、
皮脂を抑制したり、その皮脂をきれいにとる洗浄力の強い化粧品が向いています。

皮脂の分泌量が多いと毛穴に目づまりが起きて、にきびができやすくなります。

ですが、皮脂を根こそぎ取りのぞくためにと、
洗い上げる力の強いクレンジング剤を多様していると、
お肌のバリア機能が失われてしまいます。

皮脂汚れの除去も重要ですが、
保湿ケアにも気を配ることを心がけていきましょう。

30代40代になると、皮脂の分泌は少なくなりますが、
ストレスや内臓の不調が原因によるにきびが増えてきます。

ホルモンのバランスが偏ることで、肌荒れが進み、
にきびができることもあります。

30代からのにきび化粧品は、保湿成分や、
美容成分が配合されているたタイプで、お肌に栄養と潤いを与えましょう。

40代になると、お肌の新陳代謝が減ってきたり、
にきびだけではなく肌荒れなど、さまざまな肌トラブルが増えるとも言われています。

年をとってくると、にきび以外にもお肌の悩みを感じるようになります。

早めの対策を講じるためにも、自分に合う化粧品を選んでください。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ