光フェイシャルって、どうなの?

img_1405

エステの光フェイシャルとは

光フェイシャルを、エステに行ってやってもらう人が多いようです。

一体、エステでできる光フェイシャルとはどんなものでしょう。

アメリカ発祥の、アンチエイジングを目的としたエステの施術が、
光フェイシャルと呼ばれるものです。

エステで、アンチエイジング効果がある光を肌にあてることで、
肌をみずみずしく美しい状態にすることができます。

 

人間の皮膚には、美肌成分であるコラーゲンを生成する
機能を持つ繊維芽細胞があります。

光フェイシャルでは、この繊維芽細胞の機能を高める効果があります。

皮膚のしみを目立たなくしたり、赤みを解消する効果が、
エステで行う光フェイシャルでは得られると言われています。

年をとると徐々に多くなる皮膚のしみやくすみ、
しわやたるみなどが、光フェイシャルの効果で皮膚の内側から若返り、
みずみずしくきれいな肌になるといいます。

お肌のアンチエイジング効果があることが、
光フェイシャルのメリットです。

 

エステや、美容クリニックよって、光フェイシャルを利用することができます。

光フェイシャルは、繰り返し受けることによって、
徐々に肌の状態がよくなっていきます。光フェイシャル、
しみやくすみを解消する以外にも、
お肌を引き締めたり、顔を小さくすることができる美容施術です。

お肌のしみやくすみ、たるみなどが気になる人は、
光フェイシャルを受けて加齢に負けない美しい肌をキープしていきましょう。

 

エステで施術される光フェイシャルの方法

近年では、色々な美容のやり方がありますが、
エステの光フェイシャルは、特に注目されています。

光フェイシャルをエステで受ける場合、
どういった内容で施術が行われることになるのでしょうか。

エステやクリニックで、抗老化作用を高めるために受けられるものが、
光フェイシャルとなります。

光フェイシャルの調節は、個々人の肌質や、
コンディションによって異なりますので、
カウンセリングの時点で、器機などを使ってお肌を確かめます。

どの部位に、どのようにして施術を行うかを決定したら、いよいよ施術に入ります。

お肌をきれいに洗い、その上で、冷却ジェルを肌に塗り広げます。

準備が整ったら、仕上げに目を光から守るアイカバーをつけます。

全ての準備が終わったら、光フェイシャルの本番になります。

光をあてること自体には時間はかからず、強い光で一瞬だけ皮膚を照らします。

光をあて終わったら、ほてった肌を冷ますために、
ヒアルロン酸やコラーゲンを含むローションでお肌をパックケアしていきます。

 

光フェイシャルは、施術終了後に、
洗顔もできますし、化粧もできます。

紫外線に対して影響を受けやすくなっていますので、
光フェイシャルを受けた後に屋外で行動をする場合は、
UV対策をきちんとすることです。

肌が乾燥に対しても弱くなっていますので、
光フェイシャル後は、保湿ケアをきちんとしましょう。

光フェイシャルは、所要時間が短いこと、
苦痛があまり伴わないことが魅力です。

美肌に関心がある人は、ぜひ、光フェイシャルを試してみてください。

 

光フェイシャルを受ける時の注意点

光フェイシャルは、お肌のしみやくすみ、
しわやたるみなど、色々な問題への対策になる美容施術です。

たくさんの人が光フェイシャルを活用しているといいますが、
どんな点に注意をして、施術を受けるといいでしょう。

光フェイシャルの美容効果は、
1度の施術で完了するものではありませんので、
数ヶ月おきに施術を受けなければならないといいます。

美白や、リフトアップを目的に光フェイシャルを受けたという人は、
数回に渡って受けなければ、肌への変化は体感できないといわれています。

劇的に美容効果を出すのではなく、
ちょっとずつ肌がよくなっていくのが光フェイシャルの利点ですので、
一朝一夕で美肌になったりはしません。

一回一回の施術費用は安くても、5回、6回と続けていくうちに、
費用がかさむ結果になってしまいます。

 

光フェイシャルは、妊娠中、糖尿病の人、
てんかん発作が起きるかもしれない人は、やめておきましょう。

身体的な疾患がある人は、
光フェイシャルを受ける前に医師に問題がないかを聞いておく必要があります。

濃い日焼けの人も、光フェイシャルを受けるべきではありません。

内臓にトラブルがある人も要注意です。気がかりなことがあれば、
カウンセリングの時点で聞いておく必要があるでしょう。

光フェイシャルの刺激によって、お肌の反応が暴走した結果、
皮膚に黒い点々ができてしまうという人もいるようです。

日数の経過と共に目立たなくなってはくるものの、
お肌が敏感だという方は要注意です。

光フェイシャルを利用する時には、
クリニックやエステ選びに時間をかけて、
実績と信頼のあるところで、よく相談してから受けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ