サプリメントで高血圧対策を

pic021

 

DHAとEPAのサプリメント

 

血圧を下げるためにサプリメントを使うという人がいます。

日本人の死亡原因には、動脈硬化や心筋梗塞など、
高血圧が深く関わっています。

サプリメントで高血圧を調整することは、加齢による影響を受けても、
血圧が上がりすぎないようにする効果があります。

血圧調整に効果がある成分に、DHAやEPAがあります。

DHAやEPAは青魚に含まれている成分で、
人体に必要な必須脂肪酸の一つです。

DHAや、EPAは血液をさらさらに保つ作用や、
血中の中性脂肪を下げる効果があるため、
高血圧の調節に効果があると言われています。

昔の日本人の食生活は、青魚がとても豊富でした。

けれども、現代人の食事はどんどん変わっており、
魚はほとんど食べず、肉食が多いという人もいます。

食事だけでは補きいれないDHAやEPAを摂取するために、
積極的にサプリメントを使うのはいい方法です。

血圧調節効果のほかにも、DHAやEPAにはがん対策や、
糖尿病対策などに使われています。

頭を良くする効果がある、
生理痛を軽くするなどの目的でサプリメントを使う人もいます。

何もしないでいると、高血圧の症状は悪化することが少なくありません。

EPAやDHAのサプリメントを利用して、高血圧の症状を緩和していきましょう。

 

ゴマペプチドのサプリメントについて

 

高血圧の対策に、ペプチドのサプリメントを利用しているという人は多いようです。

血圧は、年をとるとどうしても高くなります。

年をとると、どうしても血管の弾力性は失われ、
血管はドロドロになります。

そのため、体のあちこちに血を送り届けるには、
血圧が高くなる必要があります。

しかしあまり上がりすぎると血管が破れますので、
高血圧は避けなければいけません。

血圧をコントロールするサプリメントには様々なものがありますが、
特に多くの人が利用しているものにゴマペプチドがあります。

胡麻に含まれているアミノ酸の結合体が、ゴマペプチドです。

人間の体を形成するには、アミノ酸が必要不可欠だとされています。

血圧との関係が研究されており、
様々なサプリメントやドリンクになって販売されています。

食材としても、ゴマは健康効果が高いものとして、注目されていました。

ペプチドには幾つかの種類がありますが、
ゴマペプチドは特に高血圧に効果があると言われています。

最近は、ゴマペプチドを含むゴマ麦茶なども登場しており、
薬という形では飲みづらいという人でも、
麦茶という形で飲むことが可能です。

血圧を緩和するだけでなく、
生活習慣病の改善効果も期待できるゴマペプチドをサプリメントで摂取することで、
健康に役立てていきましょう。

 

 

桑の葉エキスのサプリメントについて

高血圧を下げるために、
桑の葉エキスのサプリメントを使うという人がいます。

桑の葉は、日本国内に自生するクワ科の植物です。

桑といえばカイコが食べる葉として知られていますが、
最近は健康のためにお茶にすることも多くなりました。

桑の葉サプリメントは血糖値を下げたり、
コレステロール値を整えたり、腸内環境をよくして便秘を解消する効果もあると言われています。

ビタミンC、ビタミンB、各種のフラボノイド、
カロテン、γアミノ酸などが、桑の葉に含まれているという主な栄養素です。

フラボノイドや、食物繊維は、血液中の中性脂肪を引き下げることで、
高血圧対策効果が期待できます。

お茶、錠剤、カプセルなど、
様々な外観の桑の葉エキスのサプリメントが開発され、店頭に並んでいます。

古くから漢方薬として使われてきた桑の葉は、
副作用や健康上の問題が起きることはほとんどありません。

どのくらい以上を飲むと体によくないかは指定されていませんが、
説明書の内容に従って利用してください。

臨床試験では少量でも血圧に効果があることが認められていますが、
長期的に使い続けることで高血圧に効果を発揮します。

体質によっては、桑の葉サプリメントを継続的に使用していると、
下腹部が張って、おならの出がよくなる場合があります。

このような症状が出ている場合は、
桑の葉を血圧のサプリメントで摂取したことで、影響が出たからだといいます。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ