糖尿病とサプリメントについて

o0500037510188255860

 

糖尿病とサプリメント

 

糖尿病Ⅰ型と、糖尿病Ⅱ型のうち、
肥満やインスリン分泌に問題があるⅠ型に対して、
サプリメントを使う人がいます。

Ⅱ型の場合、サプリメントによる改善効果が見込めると言われています。

サプリメントを摂取することで、
血糖値を下げたり、肥満を防いだりします。

全ての人に一律の効果があるわけではなく、
サプリメントの作用には個人差があります。

薬と異なり、効果が実感できるようになるには時間がかかるため、
しばらく飲み続けることになります。

誰にでも等しく効果が出るようなサプリメントは存在しませんので、
サプリメントを使う時は、効果の表れ方をその都度確認していく必要があります。

糖尿病に対策としてサプリメントを飲むのであれば、
時には血液の状態を参照して、効果が出ているのかをチェックしてください。

サプリメントを利用することで、
糖尿病の対策に本格的に取り組みたいという意欲が出てきて、
食事改善や運動にも力が入るようになったため、
症状が改善するということもあります。

血糖値を意識した食事をして、運動を習慣づけることが、糖尿病では重要です。

血糖値を意識した食事にすることは、糖尿病の改善には重要ですが、
そのために、栄養補助にサプリメントが必要なこともあるようです。

サプリメントを利用して、栄養摂取の補強をする場合もあります。

既に糖尿病の薬を使っている人は、
飲み合わせの問題を避けるため、担当医に相談をしてからにするといいでしょう。

 

桑の葉の糖尿病サプリメント

 

桑の葉サプリメントは、
糖尿病の改善に効果が期待できるといいます。

桑の葉は、DNJという成分を含有しています。

これは小腸での糖の吸収をゆっくりにしてくれます。

小腸に入った炭水化物は、最初は二糖類ですが、
単糖類に分解されて吸収されます。

二糖類から単糖類になる早さがDNJによって落ちることで、
小腸からの糖の吸収がゆっくりになるという仕組みです。

それ以外にも、桑の葉に含まれている栄養素には、
ビタミン、ミネラル、各種のフラボノイドなどがあります。

桑の葉サプリメントを使うことで食後の血糖値の抑制作用や、
中性脂肪を下げる効果、コレステロールを調整する作用などが期待できます。

糖尿病の症状に対しては、
桑の葉のDNJからつくったサプリメントを、飲んでいる人もいます。

桑の葉茶は独特の風味がするので、
飲み続けることがつらいと感じる人もいます。

錠剤タイプのサプリメントは、味や風味にかかわらず摂取できます。

商品によっても味は違いますので、複数種類を飲んでみて、
飲みやすいものを探してみてください。

効率的にサプリメントを使うなら、
糖尿病用の桑の葉サプリメントは、食前に飲むよう心がけましょう。

いつものお茶を桑の葉茶にするのもいいやり方といえます。

糖尿病の治療よりは、糖尿病予備群の人の方が効果が期待しやすいともいいます。

 

 

イチョウ葉と糖尿病サプリメント

 

糖尿病の症状に対して有効なサプリメントは、いくつかありますが、
その中に血糖値の上がり方をゆっくりにするイチョウ葉エキスがあります。

イチョウは日本でも馴染みのある落葉高木で、
原産地は中国だと言われています。

クルセチン、カテキン、ルチンなど色々な成分が、
イチョウ葉エキスには含まれており、健康にいい植物として知られています。

ドロドロになっている血液を、
イチョウ葉エキスでサラサラにして流れをよくすることが可能だといいます。

ガン、脳卒中、動脈硬化など、
糖尿病以外にも色々な効果が、
イチョウ葉エキスにはあると言われています。

イチョウ葉は血管を拡張する働きがあり、
血流が流れやすくなる作用があります。

血液が血管を流れやすい状態にしたり、血管内に血栓ができにくくしたり、
血管壁の脆くなった部分を治したりという効果もあります。

サプリメントは薬ではなく、栄養補助食品として使われています。

そのため、薬を飲んだ時のように、
糖尿病の症状がてきめんによくなったりはしません。

糖尿病に対しては、イチョウ葉に含まれる成分が、
互いに助け合いながら効果を発揮しているため、
サプリメントも使いやすいでしょう。

抗凝固作用のある薬を服用している人が、
イチョウ葉エキスのサプリメントを摂取すると、
薬が効き過ぎてしまう可能性があります。

サプリメントでイチョウ葉エキスを摂取している人は、
インスリンの量に違いが生じることがあるようです。

糖尿病の薬を常用しているという人は、
サプリメントを使う前に担当医に相談をする必要があるでしょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ