健康食品やサプリメントの使い方

 

health_food

健康食品やサプリメントを利用する人

サプリメントや、健康食品を利用している人はふえています。

日本では、多くの人が、食生活の補助に利用しているといいます。

健康食品には成分を濃縮していたり、医薬品の成分を含んでいるものも多くあります。

簡単に扱えるからといって、たくさん飲むと体によくないことがあります。

飲み合わせのよくないサプリメントと薬を飲んだために、
副作用が起きることがあります。

健康食品やサプリメントを摂取していて体に不調を感じたら、
すぐにかかりつけの医師に相談しましょう。

その時は、病院で、利用しているサプリメントや健康食品について言うことです。

また、健康食品やサプリメントを利用しているからと、
日々の食事内容はないがしろにはできません。

朝昼晩の食事を規則正しく、栄養の偏りなく摂取することです。

健康食品は、法律で定められた概念ではありません。

一般的には通常の食品よりも健康に良い、
健康に効果があるなどの表現で販売されているものをいいます。

その栄養素を効率的に摂取できるように、カプセル型や、
錠剤型など、食品とは異なる形状で製造されています。

日本ではスナック菓子や飲料まで含むこともあります。

サプリメントや、健康食品が、他の食品と比較して健康効果が高いかどうか、
証明する根拠が足りない場合もあります。

サプリメントや、健康食品は薬とは異なるものですので、
その点を認識した上で使いましょう。

 

 

健康食品やサプリメントの使い方

 

最近は、サプリメントや健康食品を利用する人が増加していますが、
どういった飲み方をすれば効果が高いでしょうか。

健康を維持するためには毎日十分な栄養を摂取することが大切です。

けれども、健康に必要な栄養を全てサプリメントや健康食品でまかなうことはできません。

サプリメントの正式名称は、ダイエタリーサプリメントであり、
つまり食事を補うという意味になります。

健康食品にしろ、サプリメントにしろ、
食事は食事で摂った上で飲むことが前提になっています。

人体維持に必要な栄養素を、何から何まで食事だけで摂取することは困難です。

健康維持を心がけたいと考えているなら、
バランスのとれた規則正しい食事をして、
食事で不足している栄養素をサプリメントや健康食品で摂りましょう。

毎日の食事内容に気をつけて、
栄養バランスの取れた食生活ができている場合には、
サプリメントを摂取する必要はありません。

コンビニや、レトルト食品、
インスタント食品に頼ってばかりの食事を続けているという方もいるようです。

ファーストフードだけでは、
ミネラルやビタミンが不足した食事内容になってしまいます。

食事で摂取している栄養成分が偏っていると、
健康食品やサプリメントで栄養を補給することは、とても役に立つことといえます。

自分の食事を顧みて、今はどんな栄養素が不足しているのかを確認することが、
健康食品やサプリメント選びでは大事です。

 

 

健康食品やサプリメントを使用する場合の危険性

 

最近では、サプリメントや健康食品は入手が容易になり、
たくさんの人が日常的に使っています。

健康食品という分類はトクホと異なり、
厚生労働省が認めている健康食品ではないので、
曖昧なポジションにあるものです。

実際は、健康被害を引き起こす原因になっているような健康食品もあれば、
イメージばかりが強くて本来の効果はそれほどでもないようなものもあります。

健康になるために摂取した健康食品やサプリメントで、
反対に健康被害を受けてしまったら元も子もありません。

実際には、どんな健康被害があるでしょうか。

サプリメントや健康食品に、副作用のリスクがある場合もあります。

世間的な評価は高い商品だったけれど、
自分の体質とは相性が悪かったということもあります。

使用上の注意わ守らず、飲み過ぎによって弊害が出てしまったというケースもあります。

有名なのがアガリスクの健康被害です。

アガリクスを継続摂取していたところ、
肝臓のトラブルで命を落としたというものです。

白インゲン豆ダイエットが流行ったときは、
一部の人が過熱不十分や生の白インゲン豆を摂取し、
嘔吐や下痢といった食中毒の症状を引き起こしました。

健康食品という名前がついていながら、
健康によくない影響を及ぼす実例は無数にあります。

健康食品やサプリメントでトラブルが起きないように、
あらかじめ情報を集めて、注意点を理解した上で、
適切な使い方をすることが大事です。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ