円形脱毛症の原因とは

c9658475d31039f13d9b2575073fad4f

 

 

円形脱毛症について

 

円形脱毛症で悩んでいる人が最近増えています。

円形脱毛症とはどのようなものなのでしょうか。

急に髪が抜けて、抜けた部分が円形や楕円形の頭皮が露出します。

一般的には10円玉くらいの脱毛と思われていますが、
頭全体に広がるものもあり、いくつか種類があります。

症状が深刻なものでは、まつげや眉毛、体毛が抜ける場合もあります。

どんな症状が、円形脱毛症では起きるでしょう。

何の兆候もなく始まったり、爪に小さなでこぼこがあったり、
アトピー性疾患を患っていたり、脱毛斑の境目がはっきりしていたりすると、
円形脱毛症の疑いがあります。

円形脱毛症の初期症状がみられてからしばらくすると進行中の症状が表れます。

仮に、円形脱毛症が悪くなっているならば、
患部近くの髪を抜くと、手応えなく抜けてしまいます。

その時の抜け毛には毛根がついてなく尖端がとがっていて、
朝、起きると枕には抜け落ちた毛が数本確認できるという状態になるようです。

もし円形脱毛症かなと思ったら、
まずは皮膚科などの専門機関を受診しましょう。

円形脱毛症か医師の目で見て判断してもらった上で、
適切な治療を受けるようにしましょう。

自分の手に負えないことであれば、
専門家のアドバイスを受けることは重要です。

精神的に悩むことは円形脱毛症の大敵なので、
病院へ思いきって行ってみることが重要ではないでしょうか。

 

円形脱毛症の原因とは

 

円形脱毛症の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

免疫機構が誤った動きをしたために、
毛根の細胞の状態が変わってしまったというのが、
最たる原因であるという予想が立てられています。

何が原因で免疫機能の異常を発生させ、
円形脱毛症の要因となるのでしょうか。

ひとつがアトピー素因です。

アトピーとは、アトピー性皮膚炎や、気管支炎、
アレルギー性鼻炎などを体質的に有している状態を指します。

アトピー体質と関係が指摘されている人は、
円形脱毛症の4割近くです。ストレスの蓄積で、
円形脱毛症になる人もいます。

精神的にストレスを受けると、
抵抗するために交感神経が活発に働き体がストレスと戦う準備をしてくれます。

ストレスが強すぎたり長引いたりすると、
交感神経に異常をきたすのです。

交感神経が暴走することで、頭皮へと流れる血液の量が少なくなり、
頭髪をキープするための血流がなくなってしまいます。

治療法にはさまざまなものがあります。

ステロイド局所注射といって炎症や免疫機能を抑える効果のあるステロイドを、
脱毛斑に注射するものがあります。

飲み薬もありますし、塗り薬も色々なものが開発されています。

紫外線を円形脱毛症の部分にあてたり、
ドライアイスで冷たくするというやり方もあります。

円形脱毛症になってしまったら、
病院でしっかりと診断を受け治療を早めに開始しましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ