食事で痩せる方法

forbidden-cake

 

食事による代謝アップで痩せる方法

 

若い頃はそうでもなかったのに、年をとると徐々に体重が減りづらくなり、
ちょっと多めに食べるとすぐ太るように感じるものです。

加齢によって徐々に腕や下腹部の体脂肪率もふえてきて、
体全体に脂肪が蓄積されるような気がします。

一定の年齢になってから、食事内容を工夫して代謝の高い状態を保持することは、
非常に重要になってきます。年齢を重ねると、
人の体は基礎代謝が下がります。

そのため、食事の分量に応じて、脂肪が体につきやすくなります。

人間の体は、滞りなく機能させるためにはたんぱく質、
ビタミン、ミネラルなど様々な栄養成分を必要としています。

カロリーを減らすためにやみくもに食事を減らすと、
身体機能が低下して代謝が下がることもあります。

たんぱく質やミネラルなどの栄養の詰まった食事を心がけることが、
結果的に代謝アップにつながります。

身体機能を整えるために必要な栄養素は、
炭水化物、脂質、たんぱく質の3種類です。

これらの栄養素を体内で活用するためには、
ビタミンB群を摂取することも大事です。

体の中に取り入れた脂質、たんぱく質、
炭水化物を脂肪として蓄積させないためには、
ビタミンB群を食事で得ておくことです。

砂糖や油脂をたっぷり使った洋菓子を食べる人、
飲酒の習慣がある人、外食をすることが多いような人は要注意です。

食事メニューを見直して、背の青い魚や、大豆類、
レバー等を補給することで、ビタミンB群の摂取が可能です。

毎日の食事をしっかり摂りながら痩せるためには、
ビタミンB群を意識して食べるようにするのがポイントです。

 

痩せるために役立つ食事について

 

ダイエットに取り組んでいる人は大勢います。

痩せるために食事量を減らす人は多いですが、
やりすぎると健康を阻害する恐れがあります。

リバウンドが起きたり、病気になってしまうことがあります。

食事とダイエットを両立するにはどうするといいでしょう。

糖質や、脂質を摂り過ぎないことが、痩せるためには大事です。

痩せるためには、脂質を摂り過ぎないことがいいことは
、一般的に知られていることですが、食事での糖質もとるべきではないのは、
どのような理由があるものなのでしょうか。

食事をすると、血液中に多量の糖が溶け込んで血糖値が上がります。

このままで都合が悪いので、上がった血糖値を下げるために、
膵臓でつくられたインシュリンが糖を脂肪に変えています。

インシュリンは体脂肪の分解の抑制もします。

つまり食事で糖質を摂りすぎると体脂肪になって太ってしまうのです。

食事で糖質の多いものというと、甘い菓子類や、
ケーキを連想する人は多いようです。

甘いお菓子はダイエット中は控えるべきものですが、
それだけでなく、糖質を多く含むものには、ご飯、パン、
イモなど炭水化物の多い食材も該当しています。

主食に多いでんぷんは体の中で分解されると糖になってしまう物質だからです。

主食を食べずにダイエットをするという方法は
、体にいいものではありません。

痩せるためには、砂糖や乳脂肪分をふんだんに使ったケーキやチョコレートを、
抑えることから始めましょう。

食事のときは糖質や脂肪を控えめにし、たんぱく質やビタミン、ミネラル、
食物繊維などを多くバランスの良い栄養素の食品を、
摂るようにすることが痩せるためのポイントです。

 

 

痩せる食事方法

極端な食事制限によるダイエットをする人もいますが、
痩せるために食事の摂取量を少なくするという方法は体によくありません。

きちんと食事を摂取し、かつ痩せるためには、
メニューの他にも、食事の摂り方もよく考えることが大事です。

いつ、どのように食事をするかは、カロリーの摂取量と同じくらい、
痩せるためには重要なことです。

ダイエットに大事なことは、急いで食べないことです。

食べるスピードが速い人が満腹まで食べると、
体重が増えやすくなります。

食べる早さとは、日々の習慣で決まります。

習慣を変えるよう、意識して食べるスピードを落とすことで、
だんだんと遅くなります。

家族全員が早食いだったり、1人暮らしで1人での食事が多い人、
定食よりどんぶりや麺類など1品物を食べることが多い人などは、
早食いになりやすいといいます。

小鉢やサラダを食事メニューに加えて品目を増やし、
野菜も加えてしっかり噛んで食べるようにすることで、
早食いの習慣が減っていき、時間をかけて食事を楽しむことができるようになります。

食事に時間がとれない人は、
何かをしながら食事をかっ込むように食べることも少なくないようですが、
ダイエットのためには時間をかけて食べることです。

日々の食事から摂取する野菜が足りていない場合、
野菜不足なだけでなくカロリーオーバーな方も多いようです。

少ないカロリーでお腹いっぱいになれるようにするには、
食物繊維のたっぷり含まれている野菜を噛んで食べることです。

痩せるためのよりよい食事習慣を見につけるために、
食事の仕方を少しずつ変えていきましょう。

※重要語「痩せる」「食事」を繰り返し記述する

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ