キャベツダイエットのコツと注意点

1111cabbage_green

キャベツダイエットの方法

 

ダイエットをしたい人の間で話題になっているのが、
キャベツによるダイエットです。

キャベツをどう使うことで、
ダイエット効果を上げることができるでしょう。

キャベツによるダイエット方法は、キャベツ小さくカットして、
生のまま食事の前に食べる方法です。

キャベツは千切りではなく、ざく切りにするのがポイントです。

毎食前にキャベツを食べるというだけのやり方ですので、
どんな人でも手軽にダイエットが可能です。

みじん切りや、千切りのキャベツだとたくさん噛む必要がなくなるので、
あえて大きく切ります。

キャベツダイエットで大事なことは、
良く噛んで食べることで脳の満腹中枢を刺激し、
食事の時食べ過ぎるのを防止することなのです。

キャベツは生のまま約10分間よく噛んで食べることが大切です。

ゆっくり食べることで、満腹感が1~2時間ほど続くので、
食事の量を減らすことができます。

ノンオイルのドレッシングで味に変化をつけてもいいですが、
油分の入ったドレッシングはカロリーがあるのでやめましょう。

油がなければ塩でもレモンでもしょうゆでも、
なんでも好きな味つけすることで、飽きることなく長続きします。

食事時間でなくても、空腹を感じた時には自由にキャベツを食べても大丈夫です。

間食がわりにキャベツを利用するといいでしょう。

いくら食べてもいいところが、キャベツの嬉しいところです。

どんな人でも簡単にできるダイエット方法です。

効率的に痩せたい人はぜひキャベツダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

キャベツダイエットのコツ

 

キャベツダイエットはどんな人でもできる簡単なダイエット方法ですが、
成功するためのコツはあるのでしょうか。

人体は、筋肉が多ければ多いほど代謝が高くなるものですが、
基礎代謝に関しては全体の40%が、
筋肉が使うカロリーの影響を受けています。

筋肉量を維持するためにも、たんぱく質を摂取できるように、
食事の栄養バランスを考えることが必要です。

たんぱく質を含有する食材は様々なものがあります。

肉が代表的ですが、豆腐、魚、卵からも補給することができます。

キャベツダイエットで速やかに体重を減らしたい場合は、
朝と昼は通常通り摂取し、夜はご飯など主食から得られる炭水化物を抜いて、
その代用品としてキャベツを食べるようにします。

夕食の時間が遅くなる場合には、
とくに炭水化物は控えたほうが良いでしょう。

キャベツダイエットをしていても、
どうしても甘いものを食べたくなるときはあります。

そんなときはケーキやお菓子の代わりに果物を摂りましょう。

キャベツダイエット中は、脂と砂糖は極力摂らないように心がけましょう。

油の使用量を減らすことで、食事をローカロリーにできます。

テフロン加工された調理器具を使用すれば、
油をほとんど使用しなくても調理できるので大変便利です。

炒め物ではなく、蒸し物、焼き物、煮物にするだけでも、
料理に使う油を少なくすることがすぐにできます。

飲酒量を減らすことも、キャベツダイエットを成功させるには大事なことです。

アルコールを飲まざるを得ない場合、
せめて炭水化物を食べないように意識します。

キャベツダイエットを成功させるためには、普段の食事にも気を使うことが大切です。

 

キャベツダイエットの注意点

キャベツダイエットは効率的なダイエットができる方法として人気がありますが、
実践するにあたってどんなことに注意したら良いのでしょうか。

キャベツダイエットだからといって、キャベツばかり食べていては、
健康を保つことはできません。

キャベツダイエットだからといって、
キャベツだけ食べていれば良いというわけではありません。

キャベツだけの食事にするのではなく、
キャベツ以外の食事もバランスよく摂取しましょう。

摂取カロリーを抑えすぎると、
ダイエットをやめた後に急激なリバウンドが発生することがあるといいます。

栄養バランスは、おかずでしっかりと調整しながら、
キャベツをしっかりと噛んで食べることがポイントです。

キャベツを食べることで、
他の食品は少ない量でも満足できる食事内容にすることができます。

色々な食材を摂取しなければ、欠乏する栄養素が出てきてしまいますので、
キャベツだけでは食事はできません。

キャベツダイエットでは、キャベツの食べ方もポイントです。

いちばん理想的なのは味なしで食べることです。

マヨネーズはそれ自体が高カロリーなので、
キャベツの調味料には向きません。

継続できる体制をつくることが、キャベツダイエットのコツです。

油分を含む調味料でなければキャベツにつけて食べても構いませんので、
色々な味を試してみてください。

正しい方法でキャベツダイエットを行い、スリムな体を手に入れましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ