絶食は、危険なダイエット・・・

diet concept. woman mouth sealed with duct tape, buns

ダイエットと断食

ダイエットには様々なやり方がありますか、
中でも最近関心を集めている方法は、プチ断食でのダイエットです。

プチ断食によるダイエット方法は、
3日から4日ぐらい期間に行う比較的の
短期のダイエットであることが大きな特徴です。

ダイエット期間がごく短いので、
長期間にわたるストレスにたえながら
ダイエットをするということをしなくても痩せるとが可能です。

断食というと宗教的なものを思い浮かべる人がいると思いますが、
あまり長く続けるとそれだけ体に負担をかけるので、注意が必要です。

極端な断食をすると健康状態を損ねる原因になってしまったり、
リバウンドの原因になることもありますので、いい方法とはいえません。

本来、ダイエットは長期にわたってコツコツと行うことが理想的です。

そのほうが体への負荷も少ないですし、スムーズに体質改善していけるからです。

ですが、長期間のダイエットをするためには、
長い間好きなものを食べない状態を続けたり、
苦手な運動をやり続ける必要が出てきてしまいます。

人によっては、ダイエットによるストレスを感じる人もいるのではないでしょうか。

ストレスに対処せずにダイエットを続けていると、
精神的な抑圧が予想外の方向に噴出する可能性もあります。

ストレスの反動で食べる量が増えてしまったり、
ひどい場合にはダイエット前よりも、
体重が増えてしまうという事もあります。

ダイエットに挫折する原因の一つに、ダイエット中のストレスがあります。

何事もやりすぎはよくありません。

断食ダイエットなら、プチ断食の間だけ食事を我慢すれば終わるので、
達成感もあり、ストレスのたまりにくいダイエット方法です。

 

断食ダイエットの効果とは

ダイエットに断食を利用する方法は、
減量効果以外にも、様々な健康効果が得られると言われています。

断食ダイエットの効果には、体内をきれいにするデトックス効果もあります。

人間の体は、食べたものからエネルギーや栄養素を得ています。

そして、食べてから焼く18時間後に、不要になった成分を体の外に出します。

食べた食事の量による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランスは、
体重の増減に大きく関わってくるのでは誰もが知っていることです。

たっぷり食べているにもかからわず、
運動をしないで消費カロリーがあまり多くない状態にいると、
余剰カロリーができます。

使い切れず、体の中に蓄積されているエネルギーは、
そのままでは体から出て行きません。

余剰のエネルギーは体の中に溜め込まれ、体にダメージを及ぼすようになります。

断食などを取り入れたダイエットをすると、
体に溜まっているいろいろな毒素を、きれいに排出する事ができる為、
デトックス効果が期待できるのです。

食べたものを消化するために酷使し続けていた内臓に休息を与える効果も、
断食によるダイエットにはあるといいます。

たくさん食べる人の場合は、消化器官は休みなく働いている状態であり、
これが続くと消化不良を起こすなどトラブルの原因にもなります。

断食を利用して行うダイエットは、体重を減らせるばかりでなく、
消化器官を落ち着かせる作用もあるということです。

予定どおりの断食をすることで、ダイエット効果だけでなく、
消化機能の状態が改善していることに気づけるでしょう。

 

断食ダイエットの注意すべき点とは

断食ダイエットをする時に、
気をつけなければいけないようなことは一体何でしょうか。

断食によるダイエットは、進め方が重要なので自己流でやらないようにしましょう。

運動をメインとするダイエットなどは自己流でも問題はないですが、
断食の場合、方法を誤ると減量ができなかったり、体を壊してしまったりします。

断食によるダイエットは、できることならば、
医師などの専門的な知識を持っている人の指導の下にダイエットするのが理想です。

金銭的な余裕がなかったり、
近くに断食の指導をしてくれる人が見つからないということもあります。

自宅で断食によるダイエットを行う場合、
具体的にはどんな手順で行わなければいけないのかを、
事前にしっかり予習することです。

減量のために行うとはいっても、断食ダイエットをする時は、
やりすぎないように気をつけましょう。

一般的な他のダイエットの場合も同じですが、
過度にやりすぎると、拒食症や過食症といった摂食障害などを引き起こす
リスクが高くなります。

スリムな体になりたいといっても、
健康状態を悪化させるような方法はやめましょう。

大幅な体重減を目指すのではなく、
太り気味で気になる体重を少しだけ減らしたいといった場合に、
短期間に限り実践するようにしましょう。

もしも、長期間にわたる断食ダイエットをしたいなら、
断食について専門知識を持っている人の
指導を仰ぎながら行うことが大事になっています。

どんな手順で断食をすればいいのほかにも、
コンディションへの影響や、ダイエットの進行具合なども含めて、
相談できるようにしておくといいでしょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ