炭水化物を抑えるダイエットとは・・・

gtrr

炭水化物ダイエットとは

最近、炭水化物の摂取量を減らすダイエットが、
世間の関心を集めています。

ダイエットのために、炭水化物を食べないようにするという方法です。

食品に含まれている栄養成分には、色々なものがあります。

炭水化物は、食品のおよそ半分を占める栄養素で、
炭水化物を含まない食事をすることによって
低カロリーの食事にすることが可能であり、

ダイエットの効率がアップします。人間の体は、
炭水化物を分解して糖質をつくっているため、
炭水化物を糖質と言い表す人もいます。

 

炭水化物を摂取することは、血糖値を上げることと関係しています。

血糖値の上昇は、ご飯やパンなどの炭水化物の摂取量に影響を受けています。

血糖値が上がると、脂肪が生成しれやすくなります。
時間の経過と共に、血糖値は下がっていきます。

血糖値が下がることで、人体はお腹がすきやすくなり、
次の食事を必要とします。

炭水化物ダイエットは、一回の食事で摂取するカロリーを制限するばかりでなく、
血糖値を上がりにくくすることによって、
お腹がすきづらくなり、1日で食べる食事の量を減らすことができます。

血糖値が上がると体脂肪が蓄積されやすくなるため、
ダイエットを行う時には血糖値が上がりすぎないようにすることが大事です。

炭水化物ダイエットの利点は、血糖値の上昇をゆっくりにすることで、
脂肪が増えづらくなることにもあります。

炭水化物は、ご飯やパンだけでなく、
パスタ、うどん、ラーメンなどにも含まれており、
どんなものを食べても多くなってしまいがちです。

食事の中から全ての炭水化物を除去することは
現実的な話ではありませんが、
炭水化物ダイエットというほどではなくとも、
炭水化物を控えめにした食事をすることはダイエットに効果的です。

 

炭水化物ダイエットの方法

炭水化物ダイエットは、内容がシンプルで、
やりやすいために、大勢の人が行っている方法です。

1日に摂取する炭水化物を、
100~160kcal以内に抑えることが、
炭水化物ダイエットでは制限として設定されています。

炭水化物は少なくしなければいけませんが、
それ以外の食事はどれだけ食べてもOKです。

そのため、ストレスが少なく、継続してのダイエットが容易な方法です。

1日に摂取が可能な炭水化物160kalとは、
食パンなら1枚、餅なら1個、おにぎりなら1個になります。

今までの炭水化物を食べていた量を、
大体1/3くらいにするとちょうどいいと言われています。

1日に1回は炭水化物を普通に食べて、
他の2回は炭水化物を含まない食事をするという方法もあります。

炭水化物を含まない、肉、野菜、果物などは、
カロリーオーバーにならない程度ならどれくらいでも食べられますので、
精神的な負荷がかかることなく、
長く実践していられることが、炭水化物ダイエットの利点です。

炭水化物を抜いた献立を考える時には、
どんぶり料理、麺料理、カレー類など、
ご飯や麺が主体となるような料理をする場合は、注意をする必要があります。

 

麺類やご飯を好む人は、炭水化物の少ない食事はストレスが蓄積し、
ご飯が食べたくてダイエットをやめてしまったりもします。

朝ご飯だけ白いご飯を食べて、
昼食と夕食は炭水化物を一切とらないという方法で、
炭水化物ダイエットをしているという人もいるようです。

今までは、カロリーの半分を炭水化物から得ていたために、
炭水化物を減らしたら、みるみるうちに痩せることができたという方もいます。

いくつものダイエットを試したけれどうまくいかなかったという人でも、
炭水化物ダイエットなら成功する可能性があります。

 

炭水化物ダイエットの注意すべき点について

いつもどおりの食事から、炭水化物を抜くだけの炭水化物ダイエットは、
理解しやすく、実行が容易なだけでなく、
ダイエット効果が速やかに現れるというメリットがあり、人気を集めています。

みるみるうちに体重を減らすことができるダイエット方法であることから、
一層の効果を期待して、ダイエットをしすぎてしまう人もいます。

炭水化物は、人間の体にとって、ある程度は絶対に必要な栄養成分です。

健康維持に必要な炭水化物まで減らすと、
体に不調が起きることがあります。基本的に、
体に取り込まれた炭水化物は、エネルギーとして消費されます。

炭水化物が不足すると、
物事に集中ができなくなったり、
思考が散漫になったり、
疲労回復がうまま行われなくなるといった問題が起きてきます。

体のためには、炭水化物はどうしてもある程度は必要です。

少なくしすぎては、逆に害になってしまうためです。
普段の食事から炭水化物を減らした場合、
脂質を含む食事をすることが多くなりがちであり、
脂質過剰には注意をしておくべきです。

 

脂質過多な食事をしていると、血液中の脂質の割合が多くなり、
動脈硬化のリスクが高まります。

炭水化物ダイエット中でも、
全く炭水化物を摂らないということではなく、
体が必要としている炭水化物は補給することが大事です。

炭水化物ダイエットをしていても、
体に必要な栄養はしっかり補給することが必要です。

炭水化物を摂らない食生活を長い間続けていると、
骨粗しょう症のなってしまうくらい、
骨密度が低下してしまう場合があることが問題になっています。

]健康に配慮しながら炭水化物ダイエットを
続けられるように気をつけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ