ダイエットのためのウォーキング

a1180_001748

 

ウォーキングダイエットのメリット

ダイエットに効果があるといわれているウォーキングですが、
どのようなメリットがあるのでしょうか。

ダイエットを成功させたいという場合、おすすめの方法としては、
ランニング、ジョギング、水泳等があります。

ダイエットに役立つ運動の中で、誰でも気軽に始めれるのが、
ウォーキングダイエットです。

専用の器具やスペースも必要ありませんし、
運動が得意でない人や、肥満気味な人でも、
体への負荷をあまりかけずに行うことができるのがいいところです。

赤ちゃんが生まれたすぐ後のダイエットでも、
ウォーキングはいい方法だといえます。

靴さえあれば、今日にでも始めることができるので、
忙しい人でも老若男女問わずに、
手軽に始めることができる運動がウォーキングです。

ウォーキングには肥満を解消する効果がありますので、
多くの人が実践しているダイエット方法です。

体脂肪をエネルギーとして使ってしまうには、
ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

ジョギングやランニングに比べると消費カロリーは少ないですが、
簡単で長く続けやすいので、
かえってダイエット効果を得やすいのではないでしょうか。

ウォーキングはダイエット効果が期待できるばかりでなく、
動脈硬化を未然に防いだり、筋肉を保つ効果が期待できると言われています。

体を動かすことは頭をすっきりさせ、
ストレスを解消する作用もあるといいますので、
ダイエット中のいらつきも軽くなるのではないでしょうか。

さまざまなメリットがあるウォーキングダイエットにぜひ取り組んでみましょう。

 

 

ウォーキングダイエットの方法

ダイエットを健康的にするため運動には、
いろいろと種類がありますが、
特におすすめの運動はウォーキングです。

どんなことに配慮をしてウォーキングをすことが、
ダイエットの効率を高める効果を持つものなのでしょう。

ウォーキングをする時間の目安ですが
、1週間あたり3時間以上行うのがダイエットには効果的です。

できれば、週末にまとめて3時間という運動配分ではなく、
3日以上休む日を入れないようにして、
ウォーキングを継続するといいでしょう。

ダイエットにいいウォーキングをするなら、1日に30分ずつや
、2日に1回1時間というやり方もあります。

ダイエットのためにウォーキングをするためには、
空腹時の行うのがベストです。

できれば体の疲れていない朝のうちにウォーキングするのがおすすめです。

長期的なスパンで取り組むことがダイエットの鍵を握ります。

もしもウォーキングによるダイエットをするつもりなら、
3カ月は続けられるようにしましょう。

ウォーキングをするときは、視線は遠く5メートルくらい先を見て行いましょう

。顎は自然に軽く引き、胸を張って背筋をピンと伸ばします。

胸郭が広い状態のほうが、
ウォーキングをしながら体内に多くの酸素を補うことが可能になります。

肩に力が入らないように意識しながら腕をしっかり振って走ることで、
肩こりのないウォーキングができるといいます。

正しいウォーキングをして、ダイエットの効果をアップさせましょう。

 

 

ダイエットのためのウォーキングのコツ

 

ウォーキングは誰でも手軽にできるダイエット運動として人気がありますが、
より脂肪燃焼効果をアップさせるためのコツはあるのでしょうか。

ウォーキングで脂肪をしっかり燃やすには、
いい姿勢を保って、腕を前、後ろに振りながら歩くことです。

とくに女性は二の腕のたるみが気になる人が多いので、
腕の動きを意識しながらウォーキングしましょう。

肘は直角に曲げて、手のひらは軽く握って、
腕を振ると、二の腕にちょうどよく力が入ります。

ウォーキングで心がけたいことは、足を伸ばして歩くということです。

一定の歩幅で歩きやすくなりますし、筋肉を動かしやすくなり、
血液の流れを促進することが可能になります。

ウォーキングダイエットのときは、
かかとから着地することが大切です。

足で大地をつかむようなイメージで重心を移動し、
しっかり大地を蹴って次の一歩を踏み出します。

足の裏を地面につけながら、丁寧に歩くよう心がけましょう。

歩幅はできるだけ広くすることで、
股関節あたりにあるリンパ腺が刺激され、
血行やリンパの流れを良くすることができます。

リンパ液が流れやすくなることによって、
ダイエットの効率が一層高くなりますので、おすすめです。

胸を広げて酸素をたくさん取り入れ、
一つ一つの動作を大きくすることで血流やリンパの流れがよくなり、
筋肉がよく刺激される運動が適しています。

ウォーキング中は水分をしっかりと摂り、
汗をかくことを意識してよりダイエット効果をアップさせましょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ