きちんと食事をして痩せる食べ方とは

kenkou-kondate

痩せるための食べ方と回数について

 

ダイエットでは食べ方が大事ですが、
食事の量を少なくすれば痩せるという話ではありません。

朝昼晩+αの食事を十分に食べていて、
それでもなおモデル並みの体型を保っているような芸能人は大勢います。

1日に3回も、4回も食べていると結果的にカロリー摂取量が増加して、
体重が増えるのではないかという人もいますが、痩せるコツがあります。

毎日の食べ方を少し変えるだけで、
シェイプアップ効果を得ることができやすくなるといいます。

なぜ、1日に何回も食事をするのかというと、
食事の回数と血糖値が深くかかわっているのです。

一般的に1日に3回の食事をする場合は、朝と昼と夜になるので、
だいたい食事と食事の間が少なくとも、
6時間から8時間前後の空き時間があります。

長時間にわたってものを食べない時間が続くと、
人体は飢餓状態に陥って、空腹を強く感じるようになるだけでなく、
脂肪を蓄積しやすい体質になります。

適正量よりも多い食事を、お腹がすいたことで食べてしまう人もいます。

しばらく食事をしない状態が続くと血糖値が低下します。

血糖値が低いときにいきなり食事をすると、
血糖値が急にあがって、脂肪か蓄積しやす状態になるのです。

食事の時間をたびたび確保して、
1日に何度も少しずつ食べるという食べ方が、
痩せるためには効果が高いことが知られています。

食事をする回数を増やすことで、食間が短くなり、
それほど血糖値も下がらずに安定しているので、
食べすぎになる事も少ないわけです。

食事の回数を増やしつつ、1回の食事で食べる量は少なくして、
バランスの良い食事を続けることができれば、きっと痩せられるはずです。

 

しっかり食べて理想の体型を作る

 

モデルのような理想体型になりたいという一心で、
食事量を極端に減らしたり、きつい運動をする人が少なくありません。

健康を脅かすほど食事の量を大幅に少なくする人もいますが、
体に負荷のかかるダイエットは理想体型になる前に、
リバウンドが起きてしまったりもします。

極端な食事制限は体にとっては悪影響です。

近年では、食事は食事としてきちんと摂取した上で、
理想体型になる食事制限が人気です。

理想の体型になるために、
どのくらいの摂取カロリーが自分に合っているかを踏まえた上で、
栄養のバランスにも気を配ることです。

食事の量も大切ですが、
健康のためには栄養のバランスをしっかり考えることも大切です。

理想の体型を手に入れるには、
食事抜きや栄養の偏りのあるダイエットではなく、
長く継続できるものを選ぶようにしましょう。

体質的に太りやすいという場合は、
代謝を高める効果があるという料理や食べ物を選択することです。

不規則な食事はやめて、体が必要としている量を、
毎日決まった時間に摂取する習慣をつけることで、
健康状態の改善と共に代謝アップがはかれます。

ダイエット、イコール痩せることという連想をする人は少なくないですが、
理想体型になることは、必ずしも痩せることと一致しません。

目指す数字まで体重を落とすことができたものの、
それで以前の食生活に戻したら、リバウンドしてしまうことがあります。

他に目的をもって、そのために理想体型を手に入れたいという場合には、
ダイエット後も健康的な生活を送ることができるようです。

理想の体型をめざして、健康的なダイエットをしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ