脇の脱毛方法について

waki-datumou-118

家庭用脱毛器でする脇の脱毛処理

 

 

最近は、家庭用脱毛器でムダ毛を処理しているという女性が、
珍しくなくなっています。

女性ならば、脇の脱毛は身だしなみも同然です。

どんなに体のラインが引き締まっていても、
脇毛か濃ければ魅力も半減です。

脇のムダ毛はカミソリで剃っている人が多いようですが、
最近は家庭用脱毛器の性能も向上しています。

カミソリで剃ったり、クリームで脱毛しても、
数日後にはムダ毛が再生して、せっかくのつるつるの肌にムダ毛が目立つようになります。

処理をした毛がすぐには再生しないように、
家庭用脱毛器では毛根から処理ができます。

家庭用として販売されている脱毛器は、
高周波を皮膚にあてて脱毛効果を得るタイプと、
電動ローラーに絡んだムダ毛を引き抜くタイプがあります。

家庭用の脱毛器はエステで使うものより低出力で、
安全性を高めて家庭でも使えるようにしています。

エステで脱毛施術を受けることと比べれば、比較的価格の高いレーザー型や、
高周波型の脱毛器も安いということができます。

脇の毛は、体毛の中でも太くしっかりした毛ですから、
脱毛器を選ぶ時はそういった点も含めて、
脱毛力の強いものを選ぶ必要があります。

価格面でも、時間拘束といった点でも、
家庭用の脱毛器はエステよりも便利です。

お肌のコンディションを確認しながら、
家庭用脱毛器で脱毛を行い、皮膚に異常が起きたらすぐに使用を中止しましょう。

 

脇の脱毛方法について

 

脇毛の処理をしたいけれど、
どのようにすべきか決められないという人もいます。

カミソリや電気シェーバー、脱毛クリームなど自宅でできる脱毛方法は色々あります。

ただ、家庭での脱毛は数日すれば元通り生えてきますから、
数日おきに脱毛をしなければいけない状況が、
嫌になっている人もいます。

こまめにカミソリなどで剃っていると、肌が荒れたり炎症の原因になったりと、
お肌のダメージも無視できません。

一旦剃ったムダ毛が再生することがないように、
エステで永久脱毛をしてもらって、お肌をきれいにする方もいます。

以前と比較すると永久脱毛コースの費用も下がっており、
脱毛技術は年を追う毎に新しくなっています。

ムダ毛の再生を抑えるには、毛の再生サイクルに合わせて、
何度か永久脱毛施術を受けることになります。

エステの脱毛コースは、受ける回数に比例して脇がつるつるになっていきます。

何ヶ月かごとに、1年くらいかけてコツコツと永久脱毛施術を受けることで、
エステの永久脱毛は完了します。

納得のいく脱毛施術を受けるためには、エステ選びが重要です。

安いからと実績の少ないエステを使って、
脇の下の肌を傷めてしまっては意味がありません。

経営が思わしくないエステで施術を受けると、
アフターケアが必要になった時に、エステがもう存在しない可能性があります。

系列店舗がたくさんあるエステや、手広く経営しているエステなら、
脇毛の脱毛コースも一定の満足度が得られるでしょう。

 

医療機関での脇の脱毛

 

脇の永久脱毛をするために、レーザーや光を使う技術が、
発達しています。レーザー脱毛とは、
毛の再生を行っている毛根にレーザーの光を照射し、
新しい毛をつくれない状態にすることです。

ムダ毛が再生されなくなるので、現時点でのムダ毛を除去すれば、
これ以上の毛が出てくることはありません。

レーザー脱毛を行うには、
家庭用のレーザー脱毛器やエステでの永久脱毛コース、
そして医療機関での脱毛施術のいずれかを利用する必要があります。

病院で脱毛をしてもらえるのは、脱毛が医療行為の一つと見なされるためです。

保険は使えず、自己負担での脱毛施術になるので、
医療機関を使っても費用はかなりかかります。

医療機関ごとに、脱毛に必要な予算が全く違っていることにも要注意です。

金額はエステのほうが安く済みますし、
エステならキャンペーン等を行っている場合もあります。

脱毛力の強いレーザーはエステでは扱えず、
医師がいる施設でなければ使えないことになっています。

脇への脱毛効果は医療機関のほうが高いといえるでしょう。

けれども、肌へのダメージややけどなどのトラブルは、
出力が強いほうが起きやすくなります。

医療施設でレーザー脱毛をしてもらった場合、
脱毛効果が高い分、肌への刺激は強くなりますが、
肌荒れなどの問題か起きた時でも、医療機関なら薬の処方などもしてもらえます。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ