ワキガの手術は有効ですか?

kireiwaki

ワキガの手術について

手術でワキガを解消したいという人は多いですが、手術のやり方としては、
ワキガを分泌するアポクリン酸を取り除くというものがあります。

ワキガの手術費用は、20万円から30万円と言われており、
これは両方の脇の下を自由診療で手術した場合です。

これが、もしも保険が使える手術なら、見積もり費用は5万円くらいです。

アポクリン汗腺という汗腺が脇のしたにあるために、ワキガになるといいます。

アポクリン腺から出る汗は、通常のエクリン腺から出る汗とは異なり、
白い乳白色をしています。

ワキガがするのは、アポクリン汗腺から分泌された汗に含まれている
脂質やたんぱく質が、脇の下で他の雑菌の温床になるためだといいます。

アポクリン汗腺を手術で取り除くことによって、
ワキガの匂いが出ないようにするというわけです。

具体的なアポクリン汗腺の除去方法はいくつかりあますが、
吸引法で取り除く場合や、脇にメスを入れる剪除法などがあります。

アポクリン汗腺を吸引できる機器を、
一センチほど切った脇の下に入れて吸引するのが、吸引法となります。

差し込む器具は、脂肪吸引手術にも使うカニューレという機会で、
アポクリン腺をそのまま吸い上げるという仕組みです。

吸引法であれば、傷跡が残りにくく、色素沈着も起きにくくなります。

入院をすることなく、数時間休めば帰れることも、
ワキガの手術に吸引法が人気がある理由の一つです。

 

ワキガの原因や手術による治療

アポクリン汗腺という脇の下にある汗腺は、
雑菌をふやす汗を分泌する性質があり、
これがワキガの原因になると言われています。

ですが、アポクリン汗腺の汗そのものは、嫌な匂いを発しはしません。

ワキガの匂い対策をするなら、雑菌が増殖しないよう、
汗を清潔な状態にしておくことです。

ワキガ対策として、雑菌が増えないように
制汗スプレーや石けんを用いるという方もいます。

また、皮脂の分泌を防ぐために、
油っぽいものをあまり食べないように気をつけている人も多くいます。

体質によっては、食事量を減らしても、油脂の多い汗をかくようです。

根本的な体質かワキガ寄りであるならば、
食事の見直しや、清潔さの維持も、効果が薄くなったりします。

人によっては、ワキガでなくなねるために、
ワキガの手術を受けるといいます。

ワキガ臭の源となる汗を今後一切かくことがないように、
ワキガの原因となる汗の発汗器官であるアポクリン汗腺を手術で取り除きます。

アポクリン汗腺がなくなれば汗が出ず、
脇の下に雑菌がしても繁殖することはありません。

アポクリン汗腺の除去には、皮膚を切開して直接除去するという方法や、
皮膚に小さな穴を開けてそこから器具を挿入して除去するという方法があります。

最近では、ワキガの手術のために、
特殊なレーザーを脇にあて、アポクリン汗腺の機能を阻害する方法もあります。

 

ワキガの悩みには手術が有効

最近は、ワキガをなくすための手術を受けて、
ワキガのない体になったという人が増加しています。

自分ではそんなつもりはなくても、気づかないうちに、
ワキガの臭いが出ていないかと考えている方もいるようです。

両親のどちらかがワキガ体質だったり、
衣類の脇部分が黄色っぽくなったり、耳あかがじっとりしてたり、
ムダ毛が多いという人は、ワキガに要注意です。

ワキガとは、生来の体質で体に悪いものではありませんが、
程度によっては美容皮膚科で治療をするといいでしょう。

美容皮膚科での治療に、皮膚表面に電磁波を照射し、
汗腺を破壊して発汗やニオイの発生を抑えるマイクロウェーブ治療があります。

片脇にかかる時間は20分ほどで、効果はずっと続きます。

麻酔を使うため痛みもありません。
効果は有限ですが、脇の下にボトックス注射をすることで汗の分泌を抑え、
ワキガの対策にする手術もあります。

ワキガの臭いを発する汗をかかないように、
汗腺を取り除くというやり方もあります。

汗腺を全てなくすため、以後ワキガの汗はかかなくなりますが、
メスで皮膚を切開するので、手術の痕が残る可能性があるようです。

5万円程度の手術費用で、保険を適用してできるワキガ手術もあります。

比較的負担が軽いメスを使用しない治療法や、
高い効果が得られる手術があります。

どういったワキガの状態なのかによって、
その人にあったワキガ手術の内容は異なっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ