体操で痩せる3つの方法

timthumb

ラジオ体操で痩せる方法

ラジオ体操は、痩せる効果が期待できる運動として、注目を集めています。

ラジオ体操はさまざまな痩せる効果がある
優れた体操だということで見直されているそうです。

色々なバリエーションの体操を組み合わせたものが、ラジオ体操です。

一通りのラジオ体操をすることで、
ストレッチ、有酸素運動、バランス運動をこなすことができます。

しっかりとラジオ体操を行うことで脂肪の燃焼が促進し、
筋肉が鍛えられ、姿勢も良くなり痩せる効果があるのです。

ラジオ体操は、多くの人が学校の体育の授業などで普通にやっていた体操です。

さほどの変化があるとは思えない体操だと感じる人もいるようですが、
全身の血流促進や、基礎代謝の向上にも効果が得られます。

どんな人でも1回は経験があるラジオ体操ですので、
BGMが流れてくるだけで何となくでも
体を動かすことができるのではないでしょうか。

1日の中で一番体温が高く、ダイエットの効果が出やすいのは夕方ですので、
夕方のラジオ体操が適しているようです。

体温が高いと身体が動かしやすく、消費カロリーも高くなり
、痩せる効果がアップするそうです。

ラジオ体操の時間は、たったの3分程度の体操です。

ラジオ体操は、
バリエーション豊かな体の動きで構成されている割に数分で済ませることができて、
日頃運動不足な人でも軽い気持ちでできる運動です。

普段の生活で運動不足の人が、いきなり激しい運動をするとケガをしたり、
身体に負担になることがあります。

ラジオ体操であれば、体を壊すような心配はほとんどありません。

少しずつ体への負荷を高くすることができるという点では、
ラジオ体操は非常に優れた体操だといえます。

体に優しいダイエットをするには、
ラジオ体操で痩せるという方法が適しています。

 

タイミング体操で痩せる方法

タイミング体操で痩せるという方法が注目されています。
タイミング体操は体操といっても、
体に負担のかかるきつい体操ではなく、
どちらかというとゆっくり体を動かすといった感じの体操です。

タイミング体操であれば、ものの10分くらいで終わるので、
隙間時間などを利用してできます。

時間の余裕がある人は、急がず休みながら30分かけてやってもかまいません。

ぜったいに必要な条件は、空腹時にやることです。

起床後、体重を確認してから、着替える必要はありませんので、
即座にタイミング体操をしましょう。

タイミング体操には色々なやり方があります。

いずれの場合、どの部位のダイエットをしたいのかを意識して、
筋に刺激を加えていくようにします。

タイミング体操では、適切な呼吸をすることも必要です。

吐いて、吸って、吐いて、吸ってというリズムではなく、
ぎりぎりまで息を吐き出しましょう。

最後の一息を出し切る時、体のどこかに力を入れないと息ができないのです。

力を入れる部分が体操で意識している部分です。

タイミング体操で痩せるには、
最後の呼吸の時にどのくらい力を入れるかが、
重要な部分となっています。

普段の生活において無意識に動かしている部分を意識するだけで、
普段の動きを少し上回る力が加わります。

それがタイミング体操の目的である刺激となります。

タイミング体操で痩せる効果が確認できた人の中には、
より時間をかけてタイミング体操をやりたいと思うものです。

ですが、毎日タイミング体操を行ったり、
1日の中で頻繁にタイミング体操をすると体が運動の刺激になれてしまいます。

タイミング体操は、週1ペースくらいがちょうどいいでしょう。

 

骨盤ダイエット体操で痩せる

骨盤のズレを体操で矯正し、痩せるという方法があります。

骨盤体操をすることによって基礎代謝が上がり、
新陳代謝が活発になるので体調不良が解消されて、
太りにくいきれいな体になることができます。

女性は体質的に皮下脂肪がついたり、
むくみがひどくなることが多いので、
それらが原因で肥満や生理痛、肩や首の凝りが起きやすくなります。

さまざまな悩みの原因の多くは骨盤にあるといいます。

骨盤は背骨を中心とする体の骨格を支える一番大事な部分です。

骨盤に歪みがあると、連動して背骨や股関節にも不要な負担がかかり、
全身の歪みに発展します。

具体的には、どのような骨盤体操があるでしょうか。

最も手軽にできる骨盤体操が、腰をツイストさせる体操です。

きれいな腰つきになるための体操であり、
腰を右、左とゆっくりと回すというものです。

骨盤の位置が正しく矯正されると、内臓の動きが活発になり、
人間が本来持っている基礎代謝がアップして痩せることができます。

適切な立ち姿勢になって、腰をきちんと回すことで、
筋肉を動かしやすくなることができるようになります。

体をリラックスさせて余計な力は入れずに背筋を伸ばします。

骨盤のあたりを意識しながら腰の筋肉をほぐし、膝も動かしましょう。

大きめなマルを書くような気持ちで体を動かします。

右と左で1セット、合計10セットで1回分です。

痩せるための運動をする時間がなかなか確保できないという人でも、
腰回し体操なら気軽にできます。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ