クレンジングオイルやミルクを使う時の注意点

Shu_Cleanser_Makeup_Remover_hp

クレンジングオイルの注意点

メイク落としに欠かせないクレンジング剤ですが、
汚れを洗い落とせる力が最も強力なものといえば、オイルクレンジングです。

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎることから、
皮膚に本来必要な皮脂成分まで洗い流してしまいがちです。

とはいえ、オイルクレンジングは肌にとってよくないものというわけではありません。

余程の敏感肌、乾燥肌でなければ、
必ずしもオイルクレンジングが肌荒れを引き起こすわけではありません。

オイルクレンジングとはどのような性質を持っているクレンジング剤なのかを、
よく認識して使いましょう。

油分の分泌量が多く、皮膚の厚いTゾーンが、
最初につけるといい部分です。

クレンジング剤をつける順序としては、
皮膚の薄い目の周りや頬は最後にすることがポイントです。

皮膚に負担をかけないためには、
できるだけ短時間でクレンジングを済ませることです。

そのためには、少し多めに感じるくらいの量のクレンジング剤を使いましょう。

油分を含む汚れは、クレンジング剤の洗浄力で溶かして水に流すものであり、
こすって落とすのは誤った方法です。

そのためには多めにクレンジング剤を使い、
指の腹を皮膚に乗せるようにしてクレンジング剤を伸ばしていきます。

洗い湯が熱すぎると皮膚の油分が溶けやすくなるので、ぬるま湯ですすぎます。

オイルクレンジングでメイク汚れを落とす場合も、
方法次第で皮膚への負担を軽減することができます。

 

クレンジングミルクを使用するときの注意点

ミルククレンジングは、肌が刺激に弱く、
乾燥しやすいという人に向いています。

ただし、オイルクレンジングなどに比べると、
洗浄成分が弱めなことも多く、化粧が肌に残ってしまうケースもよくあります。

化粧を落とす時にミルククレンジングを使っている人の中には、
洗う力を補強するために、プラスアルファの洗顔をするという方もいます。

クレンジングをした後に、
洗顔料で顔を洗うダブル洗顔をしていることも少なくないようです。

メイクの汚れがいつまでも皮膚に残っていると、
毛穴が十分に息ができない状態が続き、皮膚が化膿したり、
にきびができたりします。

洗い残しがないように洗顔をする必要がありますが、
入念に洗いすぎて肌への負担が大きくなり、肌の乾燥が進むこともあります。

ミルクタイプのクレンジング剤は、洗浄力が弱いため、
濃いメイクを落とそうとした時には、
メイクを十分に浮かせることができなくなってしまうこともありますので、気をつけましょう。

ミルククレンジングでも、肌をこするのはよくないですし、
2回クレンジングするのも、肌に負担をかけてしまうので注意が必要です。

一階のクレンジングケアで汚れをきれいに落とせるように、
ミルククレンジングは多めに使います。

商品に表示されている使用量を守ることが、
肌にやさしいクレンジングのポイントになります。

お肌をいたわるためには、
洗顔の後にはたっぷりの化粧水で保湿をするといいでしょう。

肌が荒れやすく、乾燥しやすい人は、
クレンジングを選ぶ時には、
天然成分配合の低刺激タイプを使っておくと安心できるでしょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ