メタボ対策には生活習慣の改善が効果的

metabo_metabo

メタボ体型におすすめのダイエット方法

年齢を重ねても、若いうちと同じような食事を摂っている人は、
メタボリックシンドロームにかかりやすいといいます。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に加えて、
高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つをあわせ持った状態を言います。

糖尿病や、動脈硬化のような、場合によっては命にかかわるような体の不具合が、
メタボリックシンドロームから発生することがあります。

メタボ体型からスッキリとした体型になるためには、
無理をしない方法でダイエットすることをおすすめします。

メタボリックシンドロームでも普段の生活に問題が発生することはありませんが、
健康維持のためにはダイエットをすることが重要です。

極端なやり方でダイエットをすると、健康を損ねる可能性も高いので、
体の調子を確認しながらダイエットに取り組んでください。

リバウンドのリスクが高い短期間のダイエットを何度もするよりは、
スパンの長い無理のないダイエットのほうがおすすめです。

ダイエットによって体重を減らすためには、
日々の食事と運動が重要になってきます。

ダイエット中の食事ですが、野菜を多く摂取することと、
塩分を控えめにすることがポイントです。

野菜の摂取量は1日400gくらい、体重増加の理由になるようなものをできるだけ控えて、
健康にいい食事をするようにするといいでしょう。

意識して野菜を増やすことにより、脂質の摂取を減らすことになり、
ダイエット効果が期待できます。

有酸素運動は、体脂肪をエネルギーに変えるためることができる運動ですので、
ダイエット中の運動としておすすめです。

ダイエット効果を目指すなら、ウォーキングのような有酸素運動を1日20分以上を目安にして、
継続する習慣をつくることです。

 

 

メタボ腹に効果的なダイエット方法

 

ぱっと見のシルエットはさほど太って見えなくても、
ウエスト回りだけが出っ張っているという方は、たくさんいます。

お腹だけが出ている人は、もしかしたらメタボかも知れないので、
健康診断を受けてみることをおすすめします。

毎日食べ過ぎで、ほとんど運動をせず、
体に不要なエネルギーが溜め込まれるままになっていると、
メタボ体型になってしまいます。

メタボ腹になっている人は、
まずは生活習慣を気を付けることによって改善させることも可能です。

メタボの体質解消にはダイエットが不可欠ですが、
ダイエット自体はそれほど困難なことではありません。

お腹に筋肉がつけば、脂肪も燃やしやすくなります。

腹部の脂肪を効果的に燃やすには、
腹筋を使う運動を率先して行うことが重要です。

体全体を使った有酸素運動は、ダイエットには効果を発揮します。

ダイエットには、有酸素運動をするようにしましょう。

ランニングやジョギングは全身のダイエットに効く運動でもあるので、
お腹以外にもスレンダーにすることが出来る運動でもあります。

脂肪が増えず、エネルギーの燃焼効率がいい体をつくっておくには、
日常的な運動がポイントです。

タバコやお酒を摂取する方も、メタボになりやすいと言われていますので、
取り過ぎには気を付けたほうが良いかも知れません。

不規則な食習慣や睡眠時間など、不健康な日々をおくっていると代謝が低下し、
内臓脂肪がつきやすくなって、メタボになりやすくなります。

お腹の筋肉を積極的に使い、腹部の脂肪の燃焼を促進することで、
メタボ腹を改善することができるでしょう。

 

メタボ対策に効果的な生活習慣の改善

 

メタボリックシンドロームの定義は、
厚生労働省が明確にしたラインがあります。

女性の場合、その診断基準によると、
まず腹囲が90センチ以上である場合に、
内臓脂肪の蓄積が多いと判断されます。

メタボリックシンドロームは、腹囲が基準値より大きいことに加えて、
血糖値、血圧、中性脂肪のどれか2つで、
基準を超える数字が出ている時に、
該当する症状であると定義されています。

メタボは単純に太り過ぎというレベルを超えて、
内臓脂肪が多いことで心臓などに負担をかけ、
動脈硬化を引き起こす可能性がある極めて危険な症状なのです。

メタボリックシンドロームになりやすい人とは、
体を動かさない生活をしていて、食事内容に偏りがある状態です。

たとえ、日々の仕事が立て込んでいる人でも、
家のことが大変で自由な時間が極端に少ない人でも、
体のためには20分くらいは歩く時間をつくることが大事です。

食事に十分な時間が割けず、肉や油分の多い食事ばかりをしていると、
高血圧や高血糖、高脂血症の原因になる可能性が少なくないようです。

野菜中心の食生活に変えることで、メタボ対策になり、
ダイエット効果も期待できます。

その日の食事で得たカロリーは、寝るまでに全て使ってしまうことが理想ですので、
夜中に食べ過ぎると、カロリーの行き場がなくなってしまいます。

過度な飲酒と喫煙もメタボになってしまう原因として考えられており、
お腹まわりが気になる人は少し控えるようにしましょう。

食べ物を見直しても、酒やたばこを継続したままでは、
ダイエットにはよくありません。

食事や運動など、メタボになった理由を解明することで、
メタボ解消のダイエットで手がけるべきことがわかります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ