脂肪燃焼スープダイエット

02

脂肪燃焼を促すダイエットとは

 

脂肪燃焼を促すダイエットと言うのは、
脂肪燃焼スープをメインにした1週間のダイエットメニュを続ける事です。

体に蓄積されている脂肪を効率的に燃やしながら、
ダイエットができることが、この方法の利点です。

脂肪燃焼スープをまず最初に作らなくてはいけませんが、
5種類の野菜を切ってコンソメスープで煮るだけで完成します。

簡単につくれるので、料理が得意でない人でも問題ありません。

脂肪燃焼スープダイエットは、気軽にスタートできます。

基本はコンソメ味ですが、毎日同じ味だとつまらないという人は、
しょうゆや味噌、キムチやカレー粉を加えて、味を変えることも可能です。

スープの味のバリエーションが増えれば、飽きることなく飲む事ができるので、
ダイエットできます。

このダイエット方法は、1週間と日数を決めて実行するので、
他のダイエット方法を比較して長くない分、
ストレスも溜まりにくいのが特徴です。

限られた時間内で、極端な方法でダイエットをすると、
身体的な影響がやはり出てしまいます。

短期間で実行するダイエット方法は、あまり良い方法とは言えません。

長い時間を掛けて緩やかに体重を減らす方が、
リバウンドもストレス少なくなります。

長期間のダイエットをしていると、好物をずっと食べずにいたり、
食欲を長い間押さえつけていることで、ストレスが蓄積し、
反動で過食に走ってしまうという可能せいもないわけではありません。

お腹がすきすぎて体に力が入らないという事態を避けるために、
脂肪燃焼スープダイエットでは、
じゃがいもや肉類を食べていい日も組み込まれています。

ダイエットというと、空腹感でどうしようもないという時がありますが、
この脂肪燃焼ダイエットは、
そういった空腹感も感じる事がほとんどないのもメリットのひとつです。

 

 

 

脂肪燃焼スープダイエットの方法について

脂肪燃焼スープによるダイエット方法ですが、
まずは脂肪燃焼スープを作ることからはじめます。

玉ねぎ、キャベツ、パプリカ、セロリを切って鍋に入れ、
水とトマトの水煮缶、コンソメスープの素を入れて、コトコト煮ます。

このスープを1週間のダイエット予定表に、
あわせて飲むだけの簡単なダイエット方法です。

脂肪燃焼スープと、低カロリーの野菜やフルーツのどちらかを、
食事に取り入れるという組み合わせで食べます。

フルーツと果物は、大抵がどちらか片方です。

また、ダイエット期間の一週間の中で、
たんぱく質の補給のため肉が食べられる時が2度あります。

また、週に1回は炭水化物を摂取するために玄米をメニューに加えます。

ダイエット方法にはいくつか種類があり、
中にはポテトを追加する場合もあるようです。

ダイエットのために脂肪燃焼スープメニューを使っている時は、
お酒は全く飲めません。

揚げ物や小麦粉を使ったメニューも禁止されていますので、
天ぷらやから揚げ、パスタやうどん、
ラーメン等は食べることができません。

脂肪燃焼スープを摂取することで、体内に蓄積されている脂肪を燃やし、
代謝を高める作用があります。果汁飲料や、お茶など、糖分を含まない飲み物に限り、
脂肪燃焼スープダイエット中は飲めます。

ダイエット期間中は、食べる事ができる物がかなり限られているので、
食べることが好きな人はストレスがたまるかも知れません。

 

 

脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

 

脂肪燃焼スープダイエットは簡単にできるメリットがありますが、
デメリットも少なからずあるようです。

いくらダイエットのためとはいっても、
来る日も来る日も脂肪燃焼スープでは飽き飽きします。

いくら1週間だけとは言え、朝昼晩の3食ともスープになるわけですから、
飽きてくる人も少なくないようです。

味に変化をつけるために、カレー粉やキムチを足すというやり方もありますが、
ベースのスープは同じですから、目先はそう変わらないという人もいます。

脂肪燃焼スープの食事では、
たんぱく質がないことが苦痛だという方もいるようです。

基本的には1週間のうち2日間は肉類が食べられるので、
気にならない人もいるかも知れませんが、
肉や魚を欠かさず食べている人には、ちょっと足らないと感じることでしょう。

一度減った体重が元に戻ってしまうリバウンドは、
ダイエットにはつきものですが、脂肪燃焼ダイエットの場合も、
デメリットとしてあげられます。

脂肪燃焼スープをメインとした献立は、
非常に低カロリーになっています。

ダイエットが終了したからと食事を戻すと、
今までの反動が来てあっという間にリバウンドしてしまいます。

終わったからといって、
ダイエット中に食べられなかった肉や揚げ物などを大量に摂取すれば、
リバンドしていまいます。

脂肪燃焼スープダイエットが終了しても、
リバウンドが起きないように、段階的に食事の量戻していくことを考える必要があります。

カロリーの低い繊維質の野菜や海藻類、低カロリーの肉、
玄米などを利用して、だんだんと食事のカロリーを普段の状態にしていきます。

脂肪燃焼ダイエットには、デメリットもありますが、
成功しれば5キロ以上の体重を落とす事が可能なので、
一度試して見る価値はあります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ