紫外線ケアについて

B0FY8A Woman applying suncream lotion

紫外線ケアの必要性について

 

紫外線に対するケアの必要性が強調されるようになってきました。

なぜ紫外線ケアをしなければならないのでしょうか。

お日様の光を受けて、浅黒く日焼けをした子供は、
健全なイメージを持たれるものです。

日焼けすることは健康的であるというイメージがありますが、
実はその紫外線に対する考え方は古いものです。

紫外線が体にどういった作用をもたらすかがわかった以上は、
女性がお肌を守るだけでなく、
幼児や子供を紫外線からガードすることを検討する必要が出てきているのです。

紫外線を浴びつつけることは、皮膚のしみやしわがふえるほか、
白内障や、皮膚がんにかかりやすくなるといいます。

感染症から体を守るお肌の機能も、
紫外線によって下がります。

アメリカやオーストラリアなどでは、
紫外線に対する悪影響や有害性を早くから認識されているそうです。

大人たちは普段の生活から気をつけて、子どもたちが小さい頃から、
紫外線ケアを徹底しています。

日本国内では、美容と紫外線をリンクして考える以上のことは、
あまりされていないことが実情です。

紫外線ケアは、大人になってから行うものだと思っている人も多いようです。

大人になる前から、紫外線の対策をすることが大切です。

小さいうちから、紫外線ケアを習慣づけておきましょう。

未就学児童の段階で紫外線ケアを怠りなくしておくことで、
成長してからの健康や、お肌の状態に、
密接に関与してくるものだといいます。

将来、紫外線による影響を受けないためには、
小さいころから日焼け止めクリームや帽子、
サングラスなどを活用して紫外線ケアをしておくことが大切です。

 

 

赤ちゃんや子どもにも必要な紫外線ケア

子どもの紫外線ケアが重要だと言われるようになってきました。

太陽の下で遊ぶ子どもの姿は、健康的で、
いいものだというイメージがかつては一般的でした。

しかし、紫外線の悪影響がだんだん分かってきたことから、
日本でもようやく紫外線ケアの必要性が言われるようになってきました。

幼少時に、より多くの紫外線を浴びている子どもは、
成人してからも皮膚がんの発症率が上がるといいます。

まだ若い頃からたくさんの紫外線を浴びていると、
光老化がしやすいともいいます。

紫外線の体への影響をまもるためには、
早め早めの対処をとっておく必要があります。

人間が一生に浴びる紫外線のうち約50%は、
18歳までに浴びているといわれています。

子どものころにいかに紫外線ケアをするかが、
大人になってからの皮膚の健康のためには重要だということが分かります。

紫外線の影響を受けないようにと、1日じゅう室内にいさせることは、
子どものためになるとは言い難いものでしょう。

1日のうち、最も紫外線量の多い正午前後の外出を控え、

外での活動はできるだけ早朝か夕方にするようにしましょう。

やむをえず、紫外線の強い時間に外出せざるをえない時には、
行き先や、場所に気をつけるというやり方もあります。

日の光を全身に浴びないように、
日陰のある場所で遊ぶようにしてみてください。

UVカット効果がある帽子や上着を身につけ、
日焼け防止クリームを使うことも、紫外線ケアには効果的です。

子どもにも紫外線の弊害についてしっかりと教え、
自分からすすんで紫外線ケアをするように、
教育することも大事なことではないでしょうか。

 

 日焼け止めで紫外線ケアをする

紫外線ケアをする場合にいちばん手軽なのは日焼け止めを使うことです。

春には、その年の日焼け止めが新たに登場するため、
今年はどれを使うべきかと迷ってしまう人もいるでしょう。

紫外線ケアを正しく行うために日焼け止めは、
どのように選んだら良いのでしょうか。

日焼け止めは、使い道によって適切な商品が異なります。

それぞれ、SPFやPAといった数字が、商品には書かれています。

紫外線の下で活動する時間が長くなければ、
SPFは少なめでいいでしょう。

日中、外でスポーツをするなら、SPFは30~50くらいです。

SPF値の高い日焼け止めは肌への負担も大きくなります。

肌が弱い人や子どもは値の低いものを選んで、
こまめに塗り直すなどの紫外線ケアを行うことがポイントです。

汗をかくにつれて日焼け止めも皮膚から取れてしまいますので、
2、3時間ごとにつけなおすことが、
ほとんどの日焼け止めにいえることです。

海やプールなどで紫外線ケアをする場合には、
ウォータープルーフタイプの日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めクリームに頼りすぎずに、
休憩時はテントなど日陰を積極的に利用することも、
紫外線ケアとしては大事になります。

もしも、ウォータープルーフの日焼け止めで紫外線ケアをしたなら、
その日じゅうに体をよく洗い、きれいにしてください。

日焼け止めを上手に使ってしっかりと紫外線ケアを行うことが大切です。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ