肥満原因の脂肪細胞とは?

pic_sec03_06

脂肪細胞を減少させる方法について

 

脂肪が蓄積する脂肪細胞を減らすには、どうすればいいでしょうか。

ダイエットが失敗する原因の一つに、
リバウンドが起きてしまうことがあります。

リバウンドをしやすいのは、食事の分量を少なくしたり、
積極的に体を動かして脂肪を燃焼させても、
脂肪細胞は減っていないことがあるといいます。

その場ではダイエットが成功したように感じられますが、
しばらく時間がたつと元の脂肪量に戻ってしまいます。

脂肪細胞を減らすことで、ダイエットで体重を減らした後に、リバウンドが起きないようにすることが可能です。食事制限では、脂肪細胞を小さくすることはできても
、減少させることはできません。

エステの痩身施術を受けることで、
脂肪細胞を減らすことが可能です。

脂肪吸引が代表的な方法ですが、美容外科では、
数多くの脂肪細胞を減らす手段があります。

体の特定の部位の脂肪を減らすことが脂肪吸引ではできますので、
体を引き締める効果も期待できるといいます。

脂肪融解注射で、脂肪を溶かし、脂肪細胞の排出を促すことによって、
脂肪細胞を体から除去するというやり方も、体に優しい痩身施術です。

より痩身効果の高い施術にするために、
一定期間をおいて何度か脂肪融解注射をすることもできます。

その他の方法では、キャビテーションなど美容マシンで脂肪を
体外に排出しやすくする方法も人気があります。

痩身施術と、マッサージ施術を受けるようなコースもエステでは用意されており、
脂肪細胞を減らすことでダイエットをしたいという人に注目されています。

 

 

脂肪細胞の仕組みについて

脂肪細胞という単語は、
ダイエットについて調べる時によく出てくるものかもしれません。

体内に脂肪細胞があることで、人の体には脂肪ができたり、
蓄積したり、脂肪を使ってエネルギーを供給することができます。

かつての脂肪細胞の認識では、成長過程までは増加するものの、
体が成熟すると細胞数は増えず、
縮んだりふくらんだりすると言われていました。

けれども、この説と相反するデータか、最近出てきています。

それは一定の年齢を過ぎてもその数が増えると言うことが分かってきたのです。

かつては、脂肪細胞がつくのは、思春期、乳児期、
胎児期に限定されていました。

今では、それ以外の年代でも脂肪細胞が多くなることがあると言われていますので、
気をつけましょう。

人間の体には、白色と、褐色という、
2つの脂肪細胞がつくられています。

体の中でつくられた脂肪細胞は、白色脂肪細胞の中に貯蔵され、
体脂肪として体の中に存在し続けると言われています。

脂肪をエネルギーに変える機能を持つ褐色脂肪細胞のほうは、
大人になるとだんだんと少なくなっていきます。

これは新陳代謝とも関係しており、
年齢を重ねると脂肪がつきやすくなると言うことに関係しています。

褐色の脂肪細胞が減ると、肥満のリスクが高まると言われています。

 

 

肥満は脂肪細胞が原因

体内に脂肪が蓄積されるのは、体脂肪があるためです。

体内に脂肪があるのは、遙か昔、
食糧が常に入手できるとは限らなかったころ、
余剰分を体内に貯めておけるようにとつくられたからです。

炭水化物や、たんぱく質よりも、
脂肪のほうがエネルギーが豊富です。

脂肪細胞は数が増減しませんが、脂肪量に応じて大きさが変わり、
多くの脂肪を体内に留めておくことが可能です。

子供のうちは成長するにつれて多くなっていきますが、
大人になると激しく増えることはありません。

2種類ある脂肪細胞のうち、
肥満と関わりがあるのは白色脂肪細胞だといいます。

褐色脂肪細胞は体にエネルギーを行き渡らせるもので、
首筋や、背中のごく一部に存在しています。

たんぱく質の機能により、褐色脂肪細胞は、
脂肪が積極的に燃えるよう働きかけます。

肥満になりにくい体質になるためには、
褐色脂肪細胞をふやすことです。

褐色脂肪細胞が動くようにするには、寒さや、
運動がよいと言われているようです。

寒さによる震えで白色を褐色に変える遺伝子を
活性化することができると考えられており、
実際に効果が出たという研究成果が報告されています。

2種類の脂肪細胞がどのような機能を持っているかを把握し、
ダイエットに活かしていきましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク


このページの先頭へ